カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 種類 >
  5. アルコールによる関節痛は痛風だった

関節痛・腰痛

アルコールによる関節痛は痛風だった

 

過剰なまでにアルコールを摂取したときなど、手足の関節が痛むことは飲酒をたしなむ人の多くは体験したことがあるのでは無いでしょうか。
アルコールによる関節痛とは、実は一時的な痛風となっていることで発生していたのです。

血液中の尿酸濃度が高まることで発症する関節炎である痛風は、アルコールを大量摂取することによって脱水症状となることで一時的に発症することとなります。

■痛風による関節痛


●高尿酸血症による関節炎
血液中の尿酸の濃度が高まることで引き起こされる関節炎のことを痛風と呼びます。
この関節炎は実際に関節に損傷などが無くても関節が痛む症状が現れ、しかも痛みは一定ではなく風が吹くように気ままに痛みが軽くなったり悪化したりすることから痛風と呼ばれているのです。

●血液中の尿酸が結晶化
この関節炎の原因は血液中の尿酸が関節で結晶化し、白血球がこの尿酸血症を異物として判断し、排除するための攻撃を行なうことで関節が炎症となります。

●脱水症状による一時的な痛風
痛風の発症原因は血中の尿酸濃度であり、脱水症状によって一時的に尿酸値が変動することによっても痛風症状は発生し関節痛となる事は有り得ます。

●アルコールによる関節痛
アルコールの飲み過ぎによって起こる関節痛も痛風の一種です。
大量のアルコールを摂取することによって、アルコールを処理するために大量の体内の水分が使われることで急激な脱水症状となり、尿酸値変動による痛風が発生し、関節痛を発生させます。

痛風と聞くと通常の人は縁遠い症例だと感じるかもしれませんが、実はアルコール過剰摂取によって一時的とはいえ頻繁に引き起される身近な疾患なのです。
アルコールだけで無く普段から食生活に気を配り、正常な血液を維持する心がけが必要でしょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/5917)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

足の腫れと痛み!それはコンパートメント症候群かも?

コンパートメント症候群とは、区画内の筋組織で出血がおこり、組織内圧が上昇する...

痛みは無いけど音がなる…何故?肘関節の音鳴りの原因は○○だった!

肘を曲げたりのばしたりするときに、ポキ!ピキ!と音がなることはありませんか?...


ウィルス感染による関節痛

関節痛と聞くとスポーツや老化などによって関節が摩耗することで発生する痛みと考え...

捻挫や骨折が原因?!コンパートメント症候群

「コンパートメント症候群」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「コンパー...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る