カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 知識 >
  5. ダイエットをするならまず胃を小さく

美容・ダイエット

ダイエットをするならまず胃を小さく

a0001_003034.jpgダイエットをし、食事を制限する上で最も障害となるのが空腹感です。

人体が飢餓を感じて出す危険信号である空腹感は非常にあらがいがたいものがあります。

 

ダイエットの天敵!!空腹感

この空腹感に負けてしまえば、元の木阿弥か、飢餓感により以前よりさらに大量に暴食しリバウンドしてしまう場合もあり、まさにダイエットの天敵です。

 

この空腹感を和らげる、ほとんど感じなくさせることが出来れば、ダイエットにどれだけ有利となるでしょうか。

空腹感とは胃が空になり、収縮するときに発生します。

それまで大食し、胃が大きく膨張しているほど空腹感が大きくなるのです。

つまり、胃を小さいままにしておけば、空腹感を防ぐ事が出来ます。

 

胃を小さくする方法

1.胃を一度空にしてその状態を維持する

胃を小さくするためには、勿論それまでの大食で膨張した胃を小さくしなければなりません。

そのために胃を空にして、空腹感を我慢して胃を収縮させなければならないのです。

 

2.胃を素通りする流動食を食べる

胃が収縮し、その状態で安定するまで、胃にたまる固形物は避けてお粥など胃を素通りする柔らかい流動食を摂取します。

 

胃を一度収縮させ安定させてしまえば、それまで感じていた空腹感はほとんど感じなくなります。

また胃を小さくすることで、それまでよりも遙かに少ない食事で胃が満たされ、満腹感でそれ以上食べられなくなります。

 

最初の胃を収縮させるときの空腹感さえ我慢すれば、その後のダイエットは成功したようなものです。

(Photo by://www.ashinari.com/2008/08/18-006642.php

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知識に関する記事

間食がNGな時間、OKな時間

 食事と食事の間に何か食べることを間食といいます。 間食の習慣は特に女性にとっ...

量が減るとダイエットに悪影響!低カロリー食品だけでなく高たんぱく質をしっかり摂ろう!

  ダイエットをする上で、低カロリーな食品を摂取することはもちろんですが、...


間食で太る理由と間食しないようにする工夫

  ダイエット中だけど間食を止められないという方は案外多いようです。間食を続け...

緊急!ダイエットを短期間で成功させたい!そんなときにおすすめの方法6選

ダイエットを短期間で成功させたい!と思っていますか?食事や運動など色々ありま...

カラダノートひろば

知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る