カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 定期健康診断 >
  5. 自分の生活習慣を見直すきっかけになる?定期健康診断の検査項目

健康診断・健康管理

自分の生活習慣を見直すきっかけになる?定期健康診断の検査項目

 

 

定期健康診断は働いている人ならば年に一度は受けているものです。

従来は身長や体重など、身体測定的な内容であった定期健康診断ですが、度重なる改正で今や生活習慣病関連の項目までが含まれているようです。

普段健康に無関心な人も、この定期健康診断をきっかけ自分の生活習慣を見直してみるのもよいのではないでしょうか?

 

年齢によって省略項目がある

定期健康診断の検査項目は年齢によって省略してよい項目があります。

34歳以下及び36歳~39歳の人です。省略される検査項目は主に生活習慣病に関連した項目です。

 

省略できる検査項目

  • 心電図
  • 貧血検査
  • 肝機能検査
  • 脂質検査
  • 糖検査

 

定期健康診断の検査項目

35歳及び40歳以上は、年齢によって省略可能な検査項目までも全て含めた、全項目を検査することになります。

 

  • 身長・体重・胸囲・体脂肪率・BMI・肥満度
  • 視力・聴力
  • 血圧
  • 尿検査(尿糖・尿蛋白)
  • 胸部X線
  • 内科診察
  • 心電図(12誘導)
  • 貧血検査(赤血球・血色素量)
  • 肝機能検査(GOT・GPT・rーGTP)
  • 脂質検査(HDコレステロール・LDLコレステロール・TG)
  • 糖検査(空腹時血糖値)

 

その他、居住地や職歴、喫煙や服薬の有無などがあります。

 

生活習慣病関連の多い検査項目

身長や体重だけでなく、体脂肪率やBMI、肥満度などが項目に含まれていたり、貧血や肝機能、脂質や糖の検査項目があることから、生活習慣病に関連した項目が多いことがわかります。

生活習慣病といわれる糖尿病や肝機能障害肥満、貧血などをこれらの検査項目によって把握することができます。

 

生活習慣病に気をつけているけれど、実際自分がどの程度の健康状態なのか、生活習慣病予備軍であるのかなどの判断は、こういった健康診断で検査結果を見てみないとわからないものです。

定期健康診断の結果により改めて健康を意識したり、自分の生活習慣を見直したりすることができるよう、意識を持った定期健康診断を受けられるようにしましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20121128306post-2087.html])

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

定期健康診断に関する記事

定期健康診断にはどんな種類があるの?生活習慣病の予防・早期発見

  生活習慣病の予防・早期発見に欠かせないのが健康診断です。自らの健康状態...

健康診断で行われる臨床検査の目的って?無料で簡易の健康診断を行っているところもあります!

健康診断などで行われる臨床検査は何のために行われているのでしょうか?その目的...


定期健康診断は義務付けられている?病気を早期発見するために

  働いている人は経験の多い定期健康診断。 実は労働者に対して事業主の責...

歯だって定期健診は必須!!頻度と費用はどれくらい??

健康診断といえば、血液検査やバリウムの検査を思い浮かべがちだと思います。 ...

カラダノートひろば

定期健康診断の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る