カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 定期健康診断 >
  5. 定期健康診断で癌は発見できない?病気予備軍・兆候を見つける!

健康診断・健康管理

定期健康診断で癌は発見できない?病気予備軍・兆候を見つける!

 

働いている人ならば年に一度は行っている定期健康診断。

しかしこの定期健康診断を行っているから大丈夫と安心はできないのです。

検査で異常がなかったから全てが安心というわけではありません

それは定期健康診断はあくまでスクリーニングだからです。

 

スクリーニングとは?

スクリーニングとはふるい分けを意味しています。

定期健康診断があくまでスクリーニングだということは、健康である人と病気の人、また病気になる可能性のある人を分ける検査だと考えればよいでしょう。

 

定期健康診断で癌が発見できるわけではない

定期健康診断で異常が発見されなかったから安心だと考えている人は多いでしょう。実際、年に一度検査をしているわけですから、前回の検査後の一年間の間に急に病気が進むことは少ないのです。

ですから毎年検査を行っているのにいきなり癌が発見されたということはあまりないのです

 

それではなぜ定期健康診断を受けるのでしょうか?

それはスクリーニングによって病気の予備軍病気になりやすい兆候などを見つけることができるからです。

 

貧血の兆候から考えられる病気

癌を例にとって見ると、定期健康診断で注意して検査結果を見ておく項目は、貧血です。

貧血はいくつかの病気の兆候として現れるもので、大腸がんや子宮がん、胃がんなどはその部位から少しずつ出血を伴うのでそれが貧血の症状として現れることがあります。

癌が進行していれば急激な出血で、貧血や動悸息切れなどの自覚症状でわかりますが、初期状態では体がその少しの出血に適応してしまうので、自覚症状として感じることができません

それをこの定期健康診断の貧血項目結果を見ることにより、自覚症状がなくても貧血状態が進行していることを知ることができるのです。

 

様々な病気の発見には定期健康診断だけでなく、さらに詳細なそして専門的な検査が必要になります。

定期健康診断を行う意味は、それらの病気の兆候を少しでも早く見つけることができるかという点なのです。

検査で異常が無かったから安心するのではなく、様々な項目の詳細を見逃さず過去の結果と照らし合わせて変化があるかどうかまで詳しく見ておくことが必要なのです。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20121043291post-2042.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

定期健康診断に関する記事

定期健康診断は義務付けられている?病気を早期発見するために

  働いている人は経験の多い定期健康診断。 実は労働者に対して事業主の責...

定期健康診断にはどんな種類があるの?生活習慣病の予防・早期発見

  生活習慣病の予防・早期発見に欠かせないのが健康診断です。自らの健康状態...


健康診断で行われる臨床検査の目的って?無料で簡易の健康診断を行っているところもあります!

健康診断などで行われる臨床検査は何のために行われているのでしょうか?その目的...

定期健康診断での「メタボ」の見分け方とは?

  最近、「メタボリックシンドローム」という言葉をよく耳にしませんか? ...

カラダノートひろば

定期健康診断の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る