カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 予防接種(ワクチン) >
  4. 妊婦 >
  5. 胎児への影響は?妊婦のインフルエンザの予防接種のリスク

健康診断・健康管理

胎児への影響は?妊婦のインフルエンザの予防接種のリスク

 

 

冬になるとインフルエンザが流行りだします。

乳幼児や高齢者などは抵抗力が弱いために、インフルエンザに感染すると大変なので、秋には予防接種を受ける工夫がされています。

乳幼児や高齢者と同じように抵抗力が弱まっていて、風邪をひいても薬などを控えるようにしなければならないと、何かと気を使う妊婦さん。

妊婦さんはインフルエンザの予防接種を受けても問題ないのでしょうか?

 

胎児への影響

妊婦さんがインフルエンザの予防接種を受けることに躊躇してしまうのは、胎児への影響を考えているからです。

インフルエンザにかかった時の胎児への影響と、インフルエンザの予防接種を行った時の胎児への影響…。

 

どちらの方がリスクが少ないと考えられるのでしょうか?

 

ワクチンの種類

ワクチンには「生ワクチン」「不活化ワクチン」というものがあります。生ワクチンは、ごく微量の影響の少ない菌をワクチンとしており、それを予防接種としてうつことで、体にその病気の免疫を前もって作っておくものです。

一度その病気に本当に微弱ですが感染したことになり、次に感染するまでの間に体の中で免疫が作られているために、その病気にかかりにくくなります。

そしてインフルエンザの予防接種で使用されている不活化ワクチンは、病気の菌を殺した死菌を使用しています。

そのため、ワクチンをうってもその病気に感染することはありません。

 

妊婦がインフルエンザに感染した場合のリスク

それでもやはり妊婦さんには抵抗のある予防接種。

予防接種を受けずにインフルエンザに感染した場合、抵抗力の弱まっている妊婦さんは他の病気への合併症が心配されます。

もし病状が重篤化し、強い薬を服用しなければならなくなったら…。

そのほうが胎児への影響が心配されます。インフルエンザに効果があるとされているタミフルは、1歳以下の乳幼児には使用できない薬となっています。

もちろん胎盤を通しても、母乳としてもタミフルの影響は少なからずあるので、妊婦さんや出産後で母乳を与えている人は、タミフルの使用を控えなければならないようです。

 

胎児への影響を考えたのであれば、インフルエンザの予防接種は受けたほうがリスクが少ないということになります。

妊婦さんだけでなく妊婦さんのいる家庭では全員が予防接種を受けるなどして、家にインフルエンザを入り込ませない努力が必要かもしれません。

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130342067post-2519.html])

 

 

 

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊婦に関する記事

妊娠中の風疹にご注意!風疹の抗体価検査

「首都圏をはじめとして、国内で風疹が大流行しています。」というニュースを聞い...

他人の赤ちゃんにもリスクが?!風疹予防接種の必要性

妊婦になると、お腹の中の赤ちゃんを守るために様々なことが必要ですが、その中で重...


妊婦さんは時期に注意!インフルエンザの予防接種をするタイミング

妊婦さんがインフルエンザの予防接種を受けた場合には胎児に影響が出るのか?また...

妊婦はインフルエンザの予防接種を受けるべき?胎児への影響は?

インフルエンザが流行りだす前に、予防接種を受ける人が増えてきています。  ...

カラダノートひろば

妊婦の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る