カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 予防接種(ワクチン) >
  4. 妊婦 >
  5. 妊婦はインフルエンザの予防接種を受けるべき?胎児への影響は?

健康診断・健康管理

妊婦はインフルエンザの予防接種を受けるべき?胎児への影響は?

インフルエンザが流行りだす前に、予防接種を受ける人が増えてきています。

 

近年のインフルエンザは強く、集団感染や症状が重症化することから、予防接種を受けましょうという考えになってきています。

 

乳幼児や高齢者などは抵抗力が弱いために、インフルエンザに感染すると大変なので、秋には予防接種を受ける工夫がされています。

乳幼児や高齢者と同じように抵抗力が弱まっていて、風邪をひいても薬などを控えるようにしなければならないと、何かと気を使う妊婦さん。

 

妊婦さんもインフルエンザの予防接種を受けるべきなのでしょうか?

胎児への影響はどうなのでしょうか?

 

胎児への影響は?【インフルエンザにかかった時】【予防接種】

妊婦さんがインフルエンザの予防接種を受けることに躊躇してしまうのは、胎児への影響を考えているからです。

インフルエンザにかかった時の胎児への影響と、インフルエンザの予防接種を行った時の胎児への影響…。

 

どちらの方がリスクが少ないと考えられるのでしょうか?

 

ワクチンの種類

ワクチンには「生ワクチン」と「不活化ワクチン」というものがあります。

生ワクチンは、ごく微量の影響の少ない菌をワクチンとしており、それを予防接種としてうつことで、体にその病気の免疫を前もって作っておくものです。

 

一度その病気に本当に微弱ですが感染したことになり、次に感染するまでの間に体の中で免疫が作られているために、その病気にかかりにくくなります。

そして、インフルエンザの予防接種で使用されている不活化ワクチンは、病気の菌を殺した死菌を使用しています。

そのため、ワクチンをうってもその病気に感染することはありません。

 

妊娠中にインフルエンザに感染した場合のリスク

それでもやはり妊婦さんには抵抗のある予防接種。

予防接種を受けずにインフルエンザに感染した場合、抵抗力の弱まっている妊婦さんは、他の病気への合併症が心配されます。

 

もし病状が重篤化し、強い薬を服用しなければならなくなったら…。

そのほうが胎児への影響が心配されます。

インフルエンザに効果があるとされているタミフルは、1歳以下の乳幼児には使用できない薬となっています。

 

もちろん胎盤を通しても、母乳としてもタミフルの影響は少なからずあるので、妊婦さんや出産後で母乳を与えている人は、タミフルの使用を控えなければならないようです。

 

また、インフルエンザに感染した場合、妊娠初期の人では流産、妊娠中期以降の人では早産の可能性が出てきます。

また母体に高熱が続くとまれに、胎児が脳性麻痺や神経学的後遺症になる可能性もあります。

 

母体がインフルエンザに感染しても、胎児が同じようにインフルエンザに感染するというわけではありませんが、母体が体調を崩せばその影響は少なからず胎児にもあるということです。

 

予防接種を受けた方がリスクが少ない?

胎児への影響を考えたのであれば、インフルエンザの予防接種は受けたほうがリスクが少ないということになります。

妊婦さんだけでなく妊婦さんのいる家庭では、全員が予防接種を受けるなどして、家にインフルエンザを入り込ませない努力が必要かもしれません。

 

妊婦さんはインフルエンザの予防接種を積極的に受けよう!

予防接種を受ける際、ワクチン不足になる恐れがあることから、予防接種に優先順位がつけられていることをご存知でしょうか?

 

インフルエンザに感染した時に重症化してしまったり、他の病気の合併症が心配される抵抗力の低い人から接種するようになっているのです。

その優先順位は、医療関係者が一番で、その次の二番手に挙げられているのが妊婦なのです。

 

妊婦の優先順位が高い理由

一番手である医療関係者は、当然と考えられます。

病気を治す側ですから、治す側が感染していたのでは治療ができませんし、病気の人と接することが多いので感染拡大が心配されるからです。

 

二番手が妊婦というのは、それだけインフルエンザに感染した場合のリスクが高いという理由からです。

 

妊婦は重症化しやすい

妊婦の優先順位が高いのは、インフルエンザに感染した時のリスクが高いからですが、どうして高くなってしまうのでしょうか?

それは、妊婦はインフルエンザに感染すると重症化しやすいからです。

 

妊婦は胎児に栄養が奪われており、さらに自分とは違う胎児を体内で共存させるために、妊婦の体はあえて抵抗力を弱めてしまうのです。

そのため、妊娠する前の半分の免疫力しかないそうです。

そこへインフルエンザに感染してしまうと、重症化したり、肺炎などの合併症を引き起こす可能性も出てきてしまうので、妊婦の予防接種順位が高いというわけです。

 

妊婦がインフルエンザに感染して重症化したり、合併症を引き起こして肺炎になったりすれば、強い薬を使用しなければならない可能性も出てきます。

そうなると胎児への薬の影響も心配されますし、何より抵抗力の弱まっている母体への影響が心配されます。

 

母体である自分と胎児を守るためにも、インフルエンザに感染する前に予防接種を受けることが大切です。

妊婦さんは、積極的にインフルエンザの予防接種を受けるようにしましょう。

 

予防接種で、インフルエンザの抗体を胎児にもあげられる

母体である妊婦がインフルエンザの予防接種を受けることで、胎児にもその抗体をあげることができます。

妊婦が予防接種を受けると約2週間で体内に抗体が作られ、その抗体は胎盤を通して胎児に運ばれているしくみになっています。

 

出産後の赤ちゃんへの影響

赤ちゃんは生後6ヶ月までは、妊娠中に母親からもらった抗体に守られています。

ですから、妊娠中にインフルエンザの予防接種を受けた抗体は、生後6ヶ月間は有効ということになります。

 

インフルエンザの予防接種は、生後1歳を過ぎなければ接種できないようになっています。

また、生後の赤ちゃんの細胞はまだ弱く、一般人の4分の1か5分の1しか機能していないので、インフルエンザに感染しやすい状態にあります。

 

出産後の赤ちゃんをインフルエンザの脅威から守るためにも、妊娠中の予防接種が大切だということです。

 

妊娠中の胎児や出産後の赤ちゃんをインフルエンザから守るためにも、妊婦がインフルエンザの予防接種を受けることが大切です。

インフルエンザが猛威をふるう時期になる前に、早めの予防接種を心がけましょう。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130433116post-2677.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-19掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊婦に関する記事

妊婦はインフルエンザの予防接種を積極的に受けよう!

  インフルエンザが流行りだす前に予防接種を受ける人が増えてきています。 し...

妊婦さんは時期に注意!インフルエンザの予防接種をするタイミング

妊婦さんがインフルエンザの予防接種を受けた場合には胎児に影響が出るのか?また...


妊娠中の水痘に注意!先天性水痘症候群になる可能性が?!

    妊娠前時の血液検査で行う検査として、良く聞かれるのは風疹の抗体で...

妊婦がかかると危険!インフルエンザワクチン接種の重要性

妊婦として、インフルエンザには気をつけなければいけませんが、インフルエンザの予...

カラダノートひろば

妊婦の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る