カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. 血圧記録 >
  5. 毎日血圧記録をつけることで血圧の正しい判断ができる!

健康診断・健康管理

毎日血圧記録をつけることで血圧の正しい判断ができる!

 

 

病院から血圧記録を毎日つけるよう指導されている人もいると思います。

診察時には必ずといっていいほど測定する血圧を家でも測定する必要があるのはどうしてでしょう?

 

血圧の変動

血圧は絶えず変化を続けています。

一日の内では睡眠中が最も低く、起床とともに血圧は上がり始め午後からはまた下がってくるという状態を繰り返します。

診察時には必ずといっていいほど測定する血圧はそれだけ血圧の数値が、病気と関係することが多いからです。

しかし、診察時は朝一であったりお昼前後であったり、夕方であったりとまちまちです。

そのため診察時に測定した血圧が必ずしも有効な数値となっているとは限らないのです。

 

病気の原因を事前に察知

血圧が大切なのは病気の前触れや原因となる症状として、血圧の上下が関係してくるからです。実際、朝方に脳出血を起こす原因とされている「早朝高血圧」は、診察時の血圧数値からはその変化に気づくことが難しくなってしまいます。

また、病院で測定すると正常値なのに自宅で測定すると異常な数値になってしまう、「仮面高血圧」という症状もあります。

これではいくら血圧が異常を示していても、病院で正常だとその判断ができなくなってしまいます。

これらのことから、毎日血圧記録をつける事で、その変化や正しい判断をすることができるようになるのです。

 

病院で測定すると高くなってしまうという人は多いと思います。これは、病院という場所、病気であることの心配などから血圧が上がってしまうためです。

血圧は少しの体調の変化や気分の変化によっても変わってくるものなので、正常な数値を図ることが難しくなります。

自宅で測定するとリラックスした状態で測定することができるので、正しい数値を出すことができます。自宅で血圧を測定する際には、いつも同じ時間に同じ場所でというように決まった状態で測定できるとさらによいでしょう。

 

正しい血圧数値を出すためにも、毎日自宅で血圧数値を測定することを心がけましょう。 

 

 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130233059post-2472.html])

 

 

 

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血圧記録に関する記事

自立神経を整えることと低血圧を改善することが大切!立ちくらみの改善方法

  立ちくらみは吐き気などを伴わない場合、具体的な病気があるわけでなく、脳に血液...

家庭の血圧測定は1日2回が常識!でも、いつ測定したらいい?血圧を2回測る理由とは

家庭で血圧を測定している方、たくさんいらっしゃると思います。 病院だけでなく、...


血圧の測定値は低くても高くても偽りは禁物!記録の上で抑えてほしいポイントとは

血圧を自宅で測っている方、同じ時間に複数回測って数値が違って慌てた経験や、あま...

家庭での血圧測定で血圧記録を!~血圧管理に重要なのは継続的な測定~

    家庭用の血圧計の普及に伴い、自分で血圧を測定されている方はきっと多い...

カラダノートひろば

血圧記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る