カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. 血圧記録 >
  5. 家庭で血圧記録をつけることで病気の早期発見を!

健康診断・健康管理

家庭で血圧記録をつけることで病気の早期発見を!

 

 

皆さんは家庭で毎日血圧記録をつけていますか?

血圧は病気の早期発見合併症の発症を発見するのに役立ちます。

しかし診察時に一度測った程度では、本当に正確な血圧数値を測ることができないのです。

そのため家庭で毎日血圧記録をつけることが重要となってきます。

 

隠れ高血圧は3300万人も?!

高血圧と病院で診断されている人は約700万人だそうです。

しかしこれは病院で高血圧だと判断された人であって、自分自身では気がついていないけれど実は高血圧だという人、隠れ高血圧の人は約3300万人いると推定されています。

これは、高血圧があまり症状として現れないものであるためで、気づかずに放置してしまっている人が殆どだからです。 

 

家庭で血圧記録をつけることのメリット

高血圧は、糖尿病肥満症高脂血症などと合併して、心臓病脳卒中を引き起こしやすくします。

これらの病気の症状が動機や息切れなどとして現れているころには、症状はすでに進行している場合が多く、そのため血圧により異変を見逃さず、病気を早期発見することが大切なのです。

また、年に一度の定期健康診断しか血圧を測定しないという人は、その時たまたま数値に異常がでなかったり、逆に緊張から血圧が高くなってしまったのだと誤解してしまうので、正常な数値を測れていないことになります。

 

血圧は病気の早期発見や合併症の発症を発見するのに役立つものです。

日ごろから家庭で血圧の数値測定をして、それを記録するなどして自分の正常値を把握しておくことが大切です。 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20120810219post-1804.html])

 

 

 

 

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血圧記録に関する記事

家庭血圧測定のススメ

  家庭血圧という言葉をご存じですか?診療所や病院で測定してもらう血圧のほ...

あなたは知ってる?○○によって血圧が変動することを覚えておこう!

血圧が朝と晩、また日中の過ごし方で変動するのはご存知かと思います。その血圧が、...


動脈硬化の危険アリ!?血圧の最大値と最小値の差が少ししかない…これって問題?

 血圧は、高くてもよくないし、低くてもよくない・・・では、上下の幅が少ないのは...

血圧の測定値は低くても高くても偽りは禁物!記録の上で抑えてほしいポイントとは

血圧を自宅で測っている方、同じ時間に複数回測って数値が違って慌てた経験や、あま...

カラダノートひろば

血圧記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る