カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. 食事記録 >
  5. 自分の食生活をきちんと把握する!食事記録で効果的にダイエット

健康診断・健康管理

自分の食生活をきちんと把握する!食事記録で効果的にダイエット

 

 ダイエットに励んでいる人はいませんか?

 

過去に色々なダイエットを試してみたけれど、未だ効果的なダイエットにめぐり合えていないという人も多いと思います。

 

実は食事記録をつけることで、効果的にダイエットできるようなのです。

 

ちょこっと食いが意外と大きい!

「そんなに食べていないのにすぐ太る」「食事に気を使っているのに全然痩せない」このような言葉がよく聞かれます。

 

これは本人が気がついていない、または気にもとめていない部分での食事が多いということです。

 

自分ではそんなに食べていないつもりでも、 ちょっとした間食はよくあるものです。

 

コーヒーだけのつもりが出されたお菓子をつまみ食いしてしまったり、コーヒーだけとしても砂糖やミルクの沢山入ったものを頼んでしまったり・・・。

 

それは自分自身では食べたものとして認識しづらく、そのため「そんなに食べていないのに太ってしまった」という結果になってしまうのです。

 

記録するのが面倒になる

食事記録によるダイエットは、毎日毎回、食べたものを詳細に記録することです。

 

そのため、沢山食べたりしたときはそれだけ沢山記録をしなければなりません。

 

この書き込むことの煩わしさを避けるためには、毎回の食事を少なくすれば書き込む量も減り、結果食事の量も自然と減ってくるのです。

 

また明日頑張れる!

食事記録をつけているからといって、毎回おかゆだけというわけにはいきません。

 

栄養バランスの摂れた食事を心がけなくてはなりませんし、時にはハメをはずして焼肉にビールという日もあるでしょう。

 

食事記録をつけていれば、栄養バランスの摂れた食事をしているかどうか一目でわかりますし、暴飲暴食をしてしまったら翌日はカロリー控えめの食事にしようというようになるのです。

 

毎回きちんとした食事でなくても、その反省を踏まえて次の日にカバーしようと心がける、それが食事記録ダイエットのよいところなのです。

 

前日に何を食べたかよく覚えていない、たいして食べていないのに太ってしまう、そんな人には効果的な食事記録ダイエット。

 

日々の食事を記録するだけなので誰でも気軽に始めることができます。

 

もし過去のダイエットで失敗しているのなら試してみてはいかがでしょうか?

 

 

食事記録をするだけで体重が減る!?食事記録ダイエットの仕方

運動を続けてのダイエットは難しいと思っている人は多いことでしょう。

 

仕事が忙しくジムに通ったりする時間がないからです。そんな人でも簡単に始めることができるダイエットがあります。食事記録ダイエットです。

 

会費を払って時間を割いてジムに通ったり、高価な器具を買ったり、ダイエット食品を買ったり・・・ダイエットにはお金がかかるものです。

 

しかしこの食事記録ダイエットならば全くお金をかける必要がありません。

 

必要なのはノートとペンくらいです。

 

体重が増えるわけ

体重が増えるのは、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が上回ってしまうからです。

 

摂取カロリーと同じだけカロリーを消費すれば体重は増えることもありませんし、当然摂取カロリーよりも消費カロリーの方が上回れば、体重は減ってきます。

 

食事記録のメリット

食事記録ダイエットのメリットは、摂取カロリーを把握することができる点です。

 

好きなものを好きなときに好きな量食べていたのでは体重は減りません。

 

ましてや昨日自分が何を食べたのか、今日何を食べたのかがわからないと、摂取カロリーを管理することができません。

 

そのため食事内容を記録するというこの食事記録が役に立つのです。

 

食事記録ダイエットの仕方

食事の記録はなるべく正確に全部記入する

毎朝、毎晩の体重を記録する

ノートや記録している携帯などは常に持ち歩く

 

最初は食べた食事の種類を書く程度でよいでしょう。

 

慣れてきたら食品全て(わかれば調味料まで)を記入するとさらに効果的にダイエットが進みます。

 

食事記録ダイエットは自分がどのような食品をいつどれだけ食べたのかが把握できるようになるので、食べ過ぎてしまった翌日は少し控えめにしようと心がけたり、栄養バランスがとれているかも確認することができます。

 

また毎日体重をつけることで、どれだけ食べると体重が増えてしまうのか、どのくらいに抑えれば体重が減っていくのかまでわかるようになります。

 

過度なカロリー制限は体に悪影響もあるため好ましくありませんが、適度に量を減らしたり、カロリーを気にして抑え目にするなどすれば、効果的に痩せることができます。

 

辛い運動をすることなく、ただ食事を記録するだけの食事記録ダイエット。

 

食事記録ダイエットで自分の食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

目標シートと行動計画シートで食生活を改善しよう!

◆食生活改善のための目標設定をしてみよう◆

健康的なライフスタイルを送るためには、今の自分の食事ってどうなんだろう?

 

そんな疑問を抱いた事はありませんか?

 

好きな食事しか食べたくない。

 

健康的な食事なんて、味気ないだけ。

 

普通の食事をしていて健康になりたい。

 

そんな願望は誰にだったあるはずです。

 

ですが、正直今のままの食生活を続けていて、果たして本当にいいのでしょうか?

今回はそんな食生活の見直しをしたい、健康的な体重を維持したい……そんな方のために、ある画期的な方法をご提案したいと思います。

 

◆実はとても効果的な目標設定◆

健康的な体重になるため、そして健康的な食生活を送るために、まずどのような行動をとらなければいけないのか?

その目標への到達を妨げるものは無いのか?

そんな自分の現状を教えてくれるのが「目標シート」なるものです。

 

子供の頃、良く夏休みの計画表なるものを作ったりしませんでしたか?

 

要するに、少しだけ童心に返って、素直に自分の『こうなりたい』目標を設定してみるのです。

 

目標の体重に近付くために、また、自分の食生活を見直すために、問題点となることや改善策について考えてみましょう。

 

やり方は簡単です。

 

◎まず「目標」を立ててる。

 

◎自分の食生活の問題点を挙げてみる。

 

◎問題点に対する改善策を考えてみる。

 

◎改善策を実行できたかどうかを評価する。

 

まずはトライしてみてください。

 

◆行動計画シート◆

次に、目標を決めたら、その週の具体的な行動計画を作って、毎日それが実行できたかどうかを記録してみます。

 

◎改善策をあげ、目標体重を設定する。

 

◎1日の食に関する行動を振り返り、頑張った点を書き入れる。

 

◎その日の体重を記載する。

 

一見面倒くさいようでも、これが以外に効果的なんです。

今まで減量や食生活の改善を断念してしまった方! 

 

是非試してみてくださいね。

 

 

健康管理!食事記録を付けると体重が減少する!?食事記録の効果的な付け方

減量を目的としたダイエットでは、「食事の総カロリーを抑える」そして「食事の記録をとる」という以上の2点がポイントになるとされています。食事スタイルと減量効果を比較検証した研究結果が発表されましたので、こちらではその研究について簡単にまとめてみました。

 

◆規則正しい生活で体重を落とそう

食事スタイルと減量効果を比較するランダム化資格試験として、この研究は行われました。シアトル在住の50~75歳のすでに閉経してしまっている女性123人(このうちの全員が過体重か肥満のいずれかと判断されています)を対象に調査は行われました。

 

体重を10%音押すことを目標に、無作為に2グループに分け、12ヶ月間にわたり1つのグループには食事と運動習慣の改善に取り組んでもらい、もう1つのグループには食事改善のみに取り組んでもらうという実験を行いました。

 

その結果、食事記録を行ったグループでは、記録を取らなかった方のグループに比べ、体重が平均2.7kg減少し、さらに昼食には外食を食べたグループは、外食をあまりしないグループに比べ、体重が平均して2.3kg減少したという結果が得られました。

 

この実験結果から、減量する上で大切なのは、総カロリーの制限であることがわかってきました。低脂肪食や低炭水化物食というような、食事の栄養組成にこだわった食事を心がけるよりも、全体での総カロリー摂取量を管理した食事を継続した方が効果的であるともいえます。

 

◆食事記録を付けることを心がけよう

体重を落としたいという人には、毎日の食事記録をとり続けることをお勧めします。自分の食事に気配りができない限り、食事内容をより健康的なものに変えていくのは難しいと考えられるからです。

 

食事記録をとる上で気をつけなければいけないのは、

 

・食べたものを全て書くというふうに、食事の記録はなるべく正直に書くこと。

 

・加工食品の場合にはその栄養表示まで書くように、なるべく正確な食事記録をとること。

 

・調理法やトッピング、また使用した調味料までと完全な記録をとること

 

・毎日持ち歩けるようなノートやスマートフォンのアプリを利用しなるべく続けるようにすること。

 

になります。

 

また、ダイエットのために食事を抜くのは好ましくないとされています。というのも、食事を抜いたり絶食をすることで、体が高カロリーの食品に慣れてしまう恐れがあるからです。加えて、昼食を抜いてしまうと次の夕食で食べ過ぎてしまい、結果として総カロリーが増えてしまう危険があるということも避けたい理由の1つとして挙げられます。

 

最後に、レストラン等での頻繁な外食も、健康的な食事をとるうえでは好ましくないとされていますので、なるべく外食は控えるようにしましょう。

(Photo by: [http://www.pakutaso.com/20130423114post-2668.html])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事記録に関する記事

食事指導を行う際の食事調査の目的や方法とは?食生活改善のための5つのポイント

食事指導を行う際には食事調査を行って指導方針を決めます。食事調査は比較的...

食事記録で健康的なからだづくり!

食事は健康的なからだづくりの最も重要な要素のひとつです バランスのとれた食事を...


食事記録初心者必見!食材の重さは計量器で量るべき!

  生活習慣病などの内科系の疾患は食習慣と深く結びついています。ですから、...

糖尿病の食事管理は食事記録で!どんな食事をしているか把握しよう

    糖尿病の患者さんは食事管理を徹底させるよう病院で指導されます。 こ...

カラダノートひろば

食事記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る