カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. 食事記録 >
  5. 糖尿病の食事管理は食事記録で!どんな食事をしているか把握しよう

健康診断・健康管理

糖尿病の食事管理は食事記録で!どんな食事をしているか把握しよう

 

 

糖尿病の患者さんは食事管理を徹底させるよう病院で指導されます。

これは糖尿病をはじめ腎臓病など生活習慣病と呼ばれる内臓系の疾患は、食習慣と深く関係しているからです。

食生活を見直すことで糖尿病の症状を改善させることができます。

そしてこれを実践することに役立つのが食事記録です。

 

まずは食事内容の記録から

食事記録というと、大変で面倒だと思いがちです。もちろん調理に使用した調味料までこと細かく記入していたのでは大変です。

最初は朝、昼、晩と間食など食べた食事内容を記入することからはじめましょう。

朝はパン・トースト(バター)・オムレツ・コーヒーなどといった具合にです。

 

どんな食事をしているか把握することが大切

食事記録をつけ始めると、自分がいつどんなものをどれだけ食べたかが一目でわかるようになります

実際は食事に気を使っていたつもりでも、つい脂っぽいものが多くなってしまっていたり、間食に甘いものを摂りすぎていたりということに気がつくでしょう。

このように自分がどんな食習慣を送っているかを把握することが一番最初の課題です。

 

食事内容を改善させる

自分がどんな食習慣であったかを自分自身で理解し把握できるようになったら、それらのデータから今度は食事内容を実際に見直し実践していくことをしていきます。

糖尿病も基本は栄養バランスの摂れた食事ないようの実践です。

食事記録を見て栄養のバランスがとれているか確認し、不足している分を意識して摂取するよう心がけるのです。

また、摂取しすぎていると感じる食品、脂質や糖質などを控えるよう心がけましょう。

そうして食事記録をつけながら、食事内容を見直し改善させていくことが食事療法として成果をあげてくるのです。

 

あまり難しく、調味料の分量までと考えると大変ですし、長続きしなくなってしまいます。

糖尿病における食事療法は長く続けていくことが大変であり大切なことです。

日々の食事を食事記録としてつけることで、食生活を見直し改善させられるようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by: [http://www.pakutaso.com/20130154031post-2381.html])

 

 

 

 

 

 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事記録に関する記事

自分の食生活をきちんと把握する!食事記録で効果的にダイエット

   ダイエットに励んでいる人はいませんか?   過去に色々なダイエッ...

その食生活、言い訳してない?食生活改善のための5つのポイント

健康的な食生活のために、自分がどんな食事をしているのかを知る事はとても大事です...


食事指導を行う際の食事調査の目的や方法とは?食生活改善のための5つのポイント

食事指導を行う際には食事調査を行って指導方針を決めます。食事調査は比較的...

食事記録初心者必見!食材の重さは計量器で量るべき!

  生活習慣病などの内科系の疾患は食習慣と深く結びついています。ですから、...

カラダノートひろば

食事記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る