カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食品添加物 >
  5. 食品添加物やストレスは老化を早める?老化の原因「酸化と糖化」

健康診断・健康管理

食品添加物やストレスは老化を早める?老化の原因「酸化と糖化」

老化そのものは自然の摂理ですし、人間は誰もが老いていくものです。これを完全に防ぐことはできません。

しかし、老化のスピードは人によって異なります。もちろん遺伝子が原因の場合もありますが、それ以外に本人自身の努力で老化を遅らせることができる場合があるので、ここでは老化の原因について見ていきましょう。

 

老化を早める要因

老化を早める要因には以下のようなものがあるといわれています。

・食品添加物

・飲酒・喫煙

・ストレス

・ウィルス・カビ・細菌

・紫外線

・酸性雨

・残留農薬・ダイオキシン

・排気ガス

 

老化を促進する2つの「化」

1.酸化

これらの要因が複雑に絡み合って、主に2つの「化」が老化を加速します。一つ目は酸化ですが、その意味は活性酸素が過剰となり、細胞組織がさび付いてしまうことを指します。鉄がさびたり、皮をむいて放置したリンゴが変色するのは酸化しているからで、これと同様に、人間の細胞組織も酸化します。

 

細胞組織はその維持のために細胞内にあるミトコンドリアで常に酸素を消費しています。この酸素の一部が消費される過程において活性酸素に変わることがあるのです。活性酸素にも様々なものがあり、中でもスーパーオキシドアニオンラジカルが老化に関与しているのです。

 

 2.糖化

もう一つの「化」は、糖化です。糖化とは過剰な糖分がコラーゲンと結合することで変質してしまう現象を指します。

コラーゲンはよく知られている物質ですが、これはタンパク質の一種で、細胞と細胞とをつなぐ接着剤の役割をしています。

 

このコラーゲンが糖化してしまうと、結果として終末糖化産物または終末糖化合物と呼ばれる物質に変わるのです。こうした物質が血管や脳、肌、そして骨などにも溜まっていくので、老化を早めるのです。

 

最後に

老化の原因は様々ですがそのプロセスを理解することで、老化にも正面から向き合い、防止していきましょう。

(Photo by 足成)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食品添加物に関する記事

昔からよく見かける「かん水」どういった食品添加物でしょう?

袋麺やインスタント麺の成分表を見る、必ずといっていいほど使用されている「かん水...

食品添加物の「漂白剤」食べ物を漂白?!言葉だけだと何だか怖いけれど…?

食品添加物の中でも、よく見かけるけれど(本当に?)と思う物があるのではないでし...


食品添加物イーストフードってイースト菌のこと?

  市販されているパンには、ほぼ入っている食品添加物「イーストフード」。響きだ...

自分の身体のために、食べ物に気を使おう 食品添加物のウソ・ホント

  食品添加物と聞いて、良いイメージを持っている方は少ないのではないでしょうか...

カラダノートひろば

食品添加物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る