カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 老化の症状はカラダとココロに現れます

介護・認知症

老化の症状はカラダとココロに現れます

 

老化と一口にいっても、体のそれぞれの部分で老化がすすみ、現れる症状も様々ですし、現れるタイミングも体の部分によって異なります。こうしたカラダに現れる症状だけではなく、老化はココロにも影響を与えていきます。ここでは代表的なカラダとココロに現われる症状を見ていきましょう。

 

 

老化による肌の症状

カラダの中で老化で気になるところといえば、やはり肌に現れる老化症状ではないでしょうか。老化を原因とした肌に現れる症状には、シワ、くすみが代表的です。

 

肌のシワ

 

老化の原因の一つである紫外線への対応がおろそかになると、紫外線シワと呼ばれる症状が現れます。これは肌がたるみ、肌にハリがなくなるという症状です。

もう一つは、筋肉老シワです。

これは歳を取るに連れてあまり表情を豊かに表していないと顔の筋肉が固まってしまい、とりわけ筋肉を動かしていない部分にシワができてしまい、顔全体がゆるんだような印象を与えます。

 

肌のくすみ

 

肌のくすみも老化現象の一つです。白く透明な肌が老化によって、血色が悪くなり、カサカサするか、逆に皮脂でべたついてテカってしまい、もともとの白さ・透明感がなくなっていきます。

老化はカラダだけではなくココロにも影響を与えます。カラダに現れた老化現象そのものがストレスと感じる人も多いですし、そのストレスがさらに老化を加速させるという悪循環に陥る可能性もあります。さらに老化が進むにつれてココロの病気にかかる可能性もあります。その際たる例は認知症や、うつ病、神経症といったものです。特に認知症は初期症状として物忘れにはじまり、症状が悪化すると問題行動を引き起こす可能性があります。エスカレートすると入院なども必要になります。

 

まとめ

 

老化はカラダとココロに様々な影響を与えます。老化そのものを止めることはできなくとも遅らせることはできますので、老化対策をしっかり勉強して将来来るべき日に備えたいものですね。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/08/28-340442.php?category=52)

 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

老化の原因は活性酸素 ?ポリフェノールとリコピンで老化予防

  老化は誰にでも来る必然的なものですが、できることなら老化を遅らせて、幸...

ココロとカラダの老化症状との密接な関係

  心と体は互いに影響しあいます。老年期特有の環境の変化などによるストレス...


日ごろの継続した運動が老化防止に役立つ!老化予防について

  老化を防止するためには、日常生活や食生活の改善、またストレスをためない...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る