カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 日ごろの継続した運動が老化防止に役立つ!老化予防について

介護・認知症

日ごろの継続した運動が老化防止に役立つ!老化予防について

 

老化を防止するためには、日常生活や食生活の改善、またストレスをためない工夫など様々な方法がありますが、運動も老化防止に効果があるといわれています。では具体的にはどのような運動をすればいいのでしょうか。

 

まずはじめに覚えておくべきは、老化防止のために、激しい運動は必要ないということです。無理にハードなエクササイズをしないと老化を防止できないなんてことはありません。継続した軽い運動でよいのです。

 

なぜ日ごろの継続した運動が老化防止に役立つのかというと、適度な運動によってまず筋肉量の減少を抑えることができます。このことは新陳代謝を高める、または維持する上で大変効果的です。また、適度な運動は心肺機能を高める働きもあるのです。さらにこうした運動を行うことで、体力増加にも役立ち、内蔵機能の低下を防ぐことができます。

 

日々行う適度な運動でおすすめなのは下記の3つでしょう

 

ウォーキング

ジョギング

スイミング

 

これらに共通するのはどれも有酸素運動だということです。しっかり酸素を取り入れて代謝を促すことで、老化の原因となる糖を減らし、たんぱく質の糖化を防いでくれるので、上記に書いた運動の効用が得られるのです。そして大事な点は、継続することです。もともとこのような習慣がない方には、辛いかもしれませんが、今では出勤前や仕事帰りにこうした運動を行うサークルがあるので、一人で行うには意思が弱いと感じる人は、こうしたグループに参加して三日坊主を防ぐのが良いでしょう。

 

まとめ

 

老化を感じ始める40代は多くの人にとって仕事や家事・子育てなどで大変忙しい時期でもあります。上手く時間を見つけて、継続的に運動をしてはいかがでしょうか。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/08/28-340442.php?category=52)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

ココロとカラダの老化症状との密接な関係

  心と体は互いに影響しあいます。老年期特有の環境の変化などによるストレス...

老化の症状はカラダとココロに現れます

  老化と一口にいっても、体のそれぞれの部分で老化がすすみ、現れる症状も様...


老化の原因は活性酸素 ?ポリフェノールとリコピンで老化予防

  老化は誰にでも来る必然的なものですが、できることなら老化を遅らせて、幸...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る