カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 肩こり >
  4. 原因 >
  5. 肩甲骨付近のコリの原因とは

関節痛・腰痛

肩甲骨付近のコリの原因とは

 

 

肩甲骨から肩にかけてひどいコリを感じることはありませんか。理由は様々ですが、まずコリがなぜ発生するのか原因とそのメカニズムをしっかり理解することが大変重要です。コリが発生する原因には大きく3つあります。

 

1筋肉疲労

1日中机に座ってデスクワークをする事務職の方々、1日中座席に座って長時間の運転を行う運転手の方々で、肩甲骨のコリや腰痛を抱えている人は多いのではないでしょうか。それはどうしてかというと、彼らは長時間に渡って、同じ姿勢をキープしているので、特定の筋肉ばかりを使っていることになるからです。筋肉が長時間使われている(緊張状態にある)場合、筋肉中の酸素が不足してしまい、これがコリやだるさを感じさせる原因となるのです。

 

2血行不良

マッサージをしてもらったり、入浴したりするとコリの症状が軽減されるという経験は多くの人にあると思いますが、これはコリが血の巡り、すなわち血行に関係しているからなのです。筋肉は疲労すると固くなり、柔軟性がなくなるので、筋肉近くを通る血管を圧迫してしまいます。そうするとせっかく血液が筋肉内に発生している疲労物質の乳酸を排出しようとしても、血管が圧迫されていて乳酸の排出が思うようにいかず、筋肉内にたまってしまうのです。他方、血液は肺から取り入れた新鮮な酸素を筋肉に送り届けるのですが、血行が悪いとこの酸素の運搬もうまく行かず、さらに筋肉は乳酸を作ってしまうという悪循環になります。これもまたコリの原因です。

 

3末梢神経のキズ

固くなった筋肉や増加した乳酸はさらに問題を引き起こします。それは末梢神経を圧迫し、キズをつけるのです。筋肉近くに張り巡らされた末梢神経はそれ自体が、脳に痛みやしびれを伝える神経なので、この抹消神経が圧迫されるとコリや痛みとして感じるのです。

 

まとめ

 

このように肩甲骨のコリは主に3つの理由で発生することを理解した上で、ストレッチなどをして筋肉をリラックスさせ血行を良くし、乳酸を排出することが大変重要です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/12/02-373498.php?category=33)

 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

肩こりの原因は筋肉の緊張だけじゃない!?精神的な影響とそのメカニズム

    日本人の有訴者数の最も多い症状と言えば肩こりです。 肩こりはどのよ...

肩への血行が悪化することが原因?~更年期障害と肩こりの関係~

最近は女性だけでなく男性にも増えてきた更年期障害ですが、この更年期障害が中高...


ストレス、冷え性、眼精疲労…肩こりの原因は意外なところにあった?

     日本人女性の7割は肩こりに悩まされていると言います。 あまりに肩...

内臓が原因の肩こりに要注意!

     肩こりと言えば“筋肉が固くなって辛い”と思ってる方が居るかも知れま...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る