カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 帯状疱疹 >
  5. 帯状疱疹の痛みの特徴とは

気になる病気・症状

帯状疱疹の痛みの特徴とは

 

 

帯状疱疹はヒリヒリとした痛みを伴う痛みを伴い症状が悪化すると夜も眠れないほどの痛みとなります。この原因ウィルスである、水痘・帯状疱疹ウイルスは水ぼうそうを起こすウィルスと同じものなのです。水ぼうそうは子供の頃、多くの方々がかかりだいたい発症してから1週間程度で治癒します。しかし、実は水ぼうそうが治ってもこのウィルスは体内で行き続けるのです。長い場合は何十年も潜伏し続け、何らかの事情で免疫力が大きく落ちたときに活動を再開し、帯状疱疹として現れてくるのです。

 

帯状疱疹の特徴的な症状

帯状疱疹の特徴は小さく赤い発疹ができ、痛みを感じます。この赤い発疹は小さな水ぶくれとなって帯状に広がっていきます。この症状が現れる場所は主に胸、腹部、そして背中がメインですが、顔や手足にも現れる場合があります。興味深いのですが、帯状疱疹はカラダの左右どちらか片方に現れ、両方に現れることはごく例外的なのです。

 

帯状疱疹は水ぶくれになった後、かさぶたになって治るのが通例ですが、痛みを感じ始めてからだいたい3週間から1ヶ月程度かかり、多くの場合強い痛みが伴う点が特徴です。衣服と触れただけでもヒリヒリした痛みを感じます。

 

帯状疱疹後神経痛の特徴

通常は皮膚にできている症状が治った時点で痛みもひくのですが、皮膚症状が回復した後も引き続き痛みが残り続ける場合があります。これを帯状疱疹後神経痛といい、高齢者がかかった場合回復が困難な場合があります。これを防ぐためには、早めに治療をすることが肝要です。この症状に対する決定的な治療法は存在していませんので、ペインクリニックなどにいって神経ブロックと呼ばれる治療法を受けることとなります。

 

最後に

 

帯状疱疹のもつヒリヒリした痛みが出たら、回復後も続く帯状疱疹後神経痛を防ぐため、できるだけ早く病院に行き治療しましょう。

 

(Photo by://hospital-illustration.com/eczema/eczema-dl-05.html)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

帯状疱疹に関する記事

帯状疱疹の前に生じる頭痛、その治療法は?

  片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛といった、特別に疾患がないのに起こる頭痛に悩んで...

湿疹が教えてくれる、体のSOSのサイン!

蕁麻疹や湿疹といったトラブルは、体のSOSのサインです。なかでも細菌感染や、重...


ウィルス感染症の一種「帯状疱疹」にはこの薬が効く!

  帯状疱疹とは、ウィルス感染症の一種で、水痘・帯状疱疹ウイルスが原因です...

気をつけて!湿疹ができやすい体の部位、ベスト3

  湿疹は一度できるとなかなか治りにくいもの。体の中でも湿疹ができやすい部...

カラダノートひろば

帯状疱疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る