カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 帯状疱疹 >
  5. ウィルスが原因の「帯状疱疹」の感染経路とは

気になる病気・症状

ウィルスが原因の「帯状疱疹」の感染経路とは

帯状疱疹の原因は水ぼうそうと同じ水痘・帯状疱疹ウイルスであり、このウィルスに感染することで発症します。

 

帯状疱疹にかかりやすいのは季節の変わり目に多いといわれており、この時期は気温の変化などにより、体調を崩しやすく免疫力が低下するからです。

 

帯状疱疹が活性化している時期には、つばなどの体液中に水痘ウィルスが存在し、口の中からも当ウィルスが検出される場合もあります。

 

水痘・帯状疱疹ウイルスの感染経路

接触感染

皮膚と皮膚、粘膜と粘膜の接触、また手すりやドアノブといった患者の周囲の物体表面を介在して、間接的に病原体が付着し感染してしまうことを指します。

 

体液感染

唾液の中に生息するウィルスが口移しなどで感染してしまうことをいいます。

 

飛沫感染

患者の咳やくしゃみなどによって空気中に飛散したウィルスが微粒子となって空気中を漂い、別の人間がウィルスを呼吸の過程で吸い込んでしまうことを指します。

 

感染経路は様々ですが、通常大人は同じウィルスから発生した水ぼうそうにかかっているので、他人に移る可能性は極めて低いといえますが、水ぼうそうにかかったことのない赤ちゃん、子供、そして大人、とりわけ妊婦には接触しないほうが良いでしょう。

 

また飛沫感染や接触感染を防ぐため、彼らと接触しないよう部屋を隔離するなどの対応も必要です。

 

帯状疱疹は一度かかると免疫ができるため、再発する可能性は小さいです。しかし、まだウィルスは体内にいることを忘れてはいけません。

 

そのため、強い疲労やストレスを感じる、または、大病にかかるなど免疫力がひどく弱った場合、再発する人もわずかながらいるので、注意が必要です。

 

日々の生活では十分な睡眠をとって、規則正しい生活と健康な食生活を送ることで、免疫力の低下を防ぎたいものです。

(Photo by://hospital-illustration.com/)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

帯状疱疹に関する記事

帯状疱疹の再活性化を防ぐには免疫力を高めることがカギ!

  ラムゼイハント症候群と言う疾患は、帯状疱疹の一種であると言われることもあり...

水ぼうそう経験者は要注意! 帯状疱疹

  わきの下から背中にかけて、 皮膚の内部を帯状に走る原因不明の激しい痛...


帯状疱疹でかゆみの症状が出ることも

  帯状疱疹というと、症状は発疹とチクチクするような鋭い痛みが主な症状であ...

体の片側に痛みや発疹の症状があれば「帯状疱疹」かも

      体に発疹が見られたとき、最初は「虫にでも刺されたかな」「何...

カラダノートひろば

帯状疱疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る