カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳疲労 >
  5. 脳疲労回復には糖分だけでは足りません

気になる病気・症状

脳疲労回復には糖分だけでは足りません

 

脳疲労の状態が続くと情緒不安定になり、症状が悪化すると肥満やうつ病になる可能性もあります。そこまで悪化しなくとも日常生活において作業の能率が低下するなどの影響がありますので、、できるだけ早めに脳の疲労を取り除きたいものです。では、脳疲労を緩和するにはどのような食物が良いのでしょうか。

 

1.ビタミンB1

ビタミンB1は糖分の代謝を高めるはたらきがあり、これによって脳に必要なエネルギーを提供します。糖分を取れば取るほど代謝のためビタミンB1が消費されます。しかも、ビタミンB1は身体に蓄積することができないので、日々摂取する必要があります。ビタミンB1はが多く含まれる食品には、豚肉やレバー、ウナギ、玄米などに多く含まれます。

 

2.カルシウム

カルシウムは骨を強くすることで有名ですが、カルシウムは脳内での情報伝達を補助する働きがあるので脳疲労の改善に役立ちます。具体的な食品で言うと、乳製品、魚介類、豆腐やゴマなどを挙げることができます。

 

3.アミノ酸

アミノ酸は脳の働きを活発化させるために必要な栄養素の一つです。これは、卵や乳製品、豆類、動物性・海洋性たんぱく質(肉や魚など)に多く含まれます。

 

4. ビタミンC

ビタミンCは疲労回復に役立ちますが、脳疲労にも役立ちます。ビタミンCはピーマンやパセリ、レモン、柿、キウイフルーツ、モロヘイヤ、いちごといったように野菜や果物に多く含まれています。

 

まとめ

 

脳疲労回復には上記のような栄養素が必要なのですが、だからといってこれだけたくさん摂取すれば良いわけではありません。脳疲労の場合食べ物を美味しく感じないなど、味覚・食欲の感度が落ちていますので、場合によっては自分の食べたいものを食べたいだけ食べることでストレスを解消させるやり方を優先させることが重要です。また、栄養のバランスが良い食事を食べることは身体的健康の維持には大変重要なので、バランスの良い食生活を維持する中で上記の栄養素を意識的に摂取するように心がけましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/10/29-037033.php?category=288)

 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳疲労に関する記事

睡眠で回復!~脳疲労と睡眠の関係~

  脳疲労の回復方法として睡眠が重要だといわれますが、そもそも睡眠がもつ力...

脳疲労の時エネルギー源にできるのは糖分だけ!

  仕事や勉強で脳が疲れたら、「甘いものを食べて疲労回復しよう」とチョコレ...


頭が疲れた…脳疲労の原因になるものとは?

  試験の勉強や仕事に集中し頭をたくさん使った後は、「頭が疲れたな」と感じるこ...

ブドウ糖不足が原因?糖分を補給して脳疲労を回復!

脳が疲労したときは、睡眠をとったりエネルギーを補給することで回復できるというこ...

カラダノートひろば

脳疲労の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る