カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 食事療法 >
  5. 下半身太りを改善するための食事とは?

生活習慣病

下半身太りを改善するための食事とは?

下半身の脂肪がなかなか落ちない、いわゆる下半身太りは食事に原因があるのでしょうか。また、食生活を改善することで下半身太りを改善することはできるのでしょうか。食事を見直すことで下半身太りを改善することはできるのですが、そもそも下半身太りの原因であるセルライトの理解が必要です。

 

セルライトとは

 

セルライトは皮下脂肪の一種であり、セルライトの定義は様々で脂肪組織に水分や老廃物が溜まったものであるとか、脂肪の固まりなどありますが、一般的に下半身に不均一かつブロック状に存在する脂肪組織を指します。

 

セルライトの原因

 

セルライトの原因として甘いものやスナック菓子、お酒の過剰摂取があります。これらの過剰摂取によって脂肪の蓄積が起こるのです。また、便秘や運動不足、喫煙などもセルライトが発生する遠因となりますので、注意が必要です。

 

また加工食品や塩分濃度の強い食べ物を頻繁にとり、他方でカリウムを多く含む海藻やフルーツなどが不足することによって、ナトリウムとカリウムのバランスが乱れてしまい、結果としてタンパク質不足・水分停滞を引き起こします。こうした問題が結果としてセルライトを増やし下半身太りとなるのです。

 

セルライト対策

 

積極的に摂取すべき食事としては、以下の点をあげることができます。まず納豆・大豆といった豆類は老廃物を排出することを促します。タンパク質は適度に摂取することで、脂肪の燃焼に役立ちます。野菜はとりわけ緑黄色野菜を積極的に取るようにしましょう。一日の必要摂取量は350グラムぐらいと言われています。これだけの量を日々摂取するのはなかなか難しいかもしれませんが、サプリメントなどを利用してうまく必要な栄養素を摂取するように心がけましょう。

 

 

下半身太り対策には、食事だけでもこれだけの対策を行うことができます。食生活を改善して下半身太りを解消していきたいものです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/07/18-365550.php?category=288)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事療法に関する記事

トマトに含まれている血中中性脂肪の減少を促す成分とは?~生活習慣病予防~

  トマトは健康に役立つ機能成分を多くもつとされ、近年注目されています。ト...

ポッコリお腹の人の共通点!食事内容や習慣以外にも、こんなことしていませんか?

  食事は体をつくる基礎になるものですから、どんなものを食べるか、どんなふうに...


知っておきたい、食事療法のかなめとなる2つの概念

  メタボリックシンドロームの治療法も基本は食事療法にあります。これは生活習慣...

食生活を改善するために意識すべきこと 今日から変えられる3つのポイント

  メタボリックシンドロームという診断がされたら、まず行われるのが生活習慣の改善...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る