カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 運動療法 >
  5. 下半身太りを解消する運動とは?

生活習慣病

下半身太りを解消する運動とは?

 

下半身太りは足を太く見せ、むくみやセルライトといった見た目にも良くない現象が現れるので、多くの女性を中心に悩みの種となっているのではないでしょうか。ショートパンツや短めのスカートをはきたいと思っていても、下半身太りのため躊躇してしまう、といった人もいるのではないでしょうか。こうした下半身太りを解消するためには、様々な方法がありますが、継続した適度な運動は重要な下半身太り解消方法の一つです。

 

下半身太りの原因として重心のズレがあります。重心がずれると筋肉に不均衡に負担がかかり、結果として循環機能が低下するといった影響が発生します。循環機能は老廃物の排出など重要な役割を果たしており、この機能低下の結果、下半身に老廃物が溜まり、むくみの原因、下半身太りの原因となるのです。

 

重心のズレを直すには、シンプルな方法ですが、直立した後、そのまま足の指を床につけたまま前屈することです。これを120回程度繰り返して行うことが重要です。

もう一つは、直立で立った状態で、片足を手でつかみもう片方の足で立ちます。この状態からさらに前に傾いてください。ちょっと辛いですが、120回程度行いましょう。これらは、体のバランスを整える効果が期待でき、さらに重心のズレを補正してくれます。これを継続して行うことでふらつきなどもなくなり、下半身太りの解消につながります。

 

他には、半身太りの原因として内転筋の筋力低下も指摘されています。これは、内転筋が衰えることで股関節に影響を与え、バランスが崩れてしまうからです。この場合には、120回のスクワットが効果的です。ただ、単にスクワットを行うだけではなく、ひざの間に文庫本やタオルを挟んで行いましょう。(ただし、ひざが悪い方は浅いスクワットかこの方法を避けたほうが良いでしょう。)

 

最後に

 

内転筋を鍛え、体の重心バランスを整えるだけでも下半身太りには非常に効果的です。しかし、これは日々の継続した努力で達成できるので、115分程度のことですのでがんばって効果が現れるまで継続していきましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/07/23-380468.php?category=288)

 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動療法に関する記事

メタボリックシンドロームを解消するためにはどのくらい運動すれば良いの?

  メタボリックシンドロームを防ぐには内臓脂肪を減らすことが重要となります...

運動には肥満対策以外にもいろいろメリットがあります!

メタボや肥満対策には、様々な療法がありますが、その一つが運動療法です。 で...


ダイエットに欠かせない基礎代謝とは?基礎代謝をアップさせて、効率よく脱メタボを目指そう!

  内臓脂肪は意外と落ちやすいということを知っていたでしょうか。単にダイエット...

異所性脂肪をつかないように予防するにはちょっとの運動で十分!特に有酸素運動が有効!

ちょっとの運動が、その人の病気の発症を左右する場合があります。脂肪の蓄積という...

カラダノートひろば

運動療法の関連カテゴリ

運動療法の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る