カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 運動療法 >
  5. 注意点 >
  6. 低血糖や高血糖に注意!糖尿病における運動療法の注意点と予防法

生活習慣病

低血糖や高血糖に注意!糖尿病における運動療法の注意点と予防法

 

 

糖尿病で運動療法を取り入れることがありますが、血糖値のバランスがくずれ低血糖または高血糖になってしまうことがあります。特に低血糖は、めまいや立ちくらみなどの症状があるので危険です。十分注意して行うようにしましょう。

 

運動して低血糖・高血糖になるわけ

糖尿病はインスリンの絶対量が足りないために、外部から意識的にインスリンを補給する必要があります。そのためインスリン注射をしている人や、糖尿病の薬を服用している人が運動をすると低血糖や高血糖になってしまうことがあります。これは、運動という要素が加わったことで体内のエネルギー生産と消費のバランスが崩れ、低血糖や高血糖を引き起こしてしまうからです。

 

血糖値検査で状態を把握

どの程度の運動を行うと低血糖や高血糖になってしまうのか、自分自身で理解しておくことが大切です。運動前後の血糖値を測定するなどして、血糖値の変化、そして運動できる血糖値の状態であるかの判断ができるようにしましょう。

 

低血糖・高血糖にならないために

運動療法を行って低血糖や高血糖にならないためには、運動する時間帯が重要です。食前は低血糖になってしまう恐れがあるので危険です。行うならば、食後1~2時間までの間に行うのがよいでしょう。

これは、食後1~2時間が一番血糖値が高くなる時間帯だからです。この時間帯に行うことによって低血糖を防ぐことができます。

 

運動療法は毎日行う必要はない

糖尿病における運動療法は毎日必ず行わなければならないというわけではありません。むしろ糖尿病という病状から、休まなければならないときもあります。

運動の効果は翌日まで持続するものなので、一日おきにするくらいがちょうど良いものと思われます。

また、糖尿病の症状である低血糖や高血糖時に運動することは大変危険です。絶対に行わないようにしましょう。

 

運動療法は糖尿病でよく用いられる療法ですが、運動による低血糖は危険なので注意する必要があります。

低血糖に気をつけて上手に運動療法を取り入れていきましょう。

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130559144post-2778.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

糖尿病の運動療法で注意したい3つのポイント 合併症に注意して運動を!

  糖尿病の運動療法にはいくつか注意したい点もあります。運動をするべきとき、し...

糖尿病の運動療法での注意点とは?

  糖尿病の治療で運動療法が効果的とされているのは、運動をすることで血液中...


糖尿病の運動療法で気をつけたい様々な注意点

  糖尿病治療における運動療法は非常に効果的とされていますが、もちろん様々...

挫折しないで!糖尿病の運動療法は長く続けることで効果が得られる!

  糖尿病で運動療法を取り入れることになり、いきなり慣れない運動をしたせい...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る