カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. ガサガサ >
  5. 唇は皮脂腺が無いので無防備!乾燥を招く『避けたい習慣』とは?

美容・ダイエット

唇は皮脂腺が無いので無防備!乾燥を招く『避けたい習慣』とは?

 

 

唇はなぜ乾燥しやすい?

 

冬は唇が非常に乾燥しやすい季節です。毎年皮がバリバリになって口紅が上手くひけない、皮がむけて出血する、とお悩みの方も多いのではないでしょうか?体はそれほど乾燥していないのに、唇だけが極端に乾燥する…。その理由は、唇の構造が皮膚の構造と根本的に異なっているためです。通常、皮膚は角質層という厚いバリア機能に守られているだけではなく、皮脂腺から出る皮脂によって、水分の蒸発を防いでいるので、肌の潤いが保てています。しかし、唇の構造は皮膚よりも全体的に薄く、未発達な部分が多いため水分蒸発しやすいのです。唇の主な特徴は以下の通りです。

 

 <唇の構造的な特徴>


◆皮脂腺が殆ど無く、皮脂もほぼ分泌されない。
◆表皮が薄く、構成物質量も少ないので、バリア機能が低い。
◆紫外線へのバリア機能である『メラニン』を作るメラノサイト細胞が存在せず、紫外線防御が出来ない。

 

『皮脂腺が(殆ど)無い』ということは、皮脂が分泌されないことにより、皮脂膜が作れず表皮の水分が蒸発しやすくなります

また、『表皮が薄く、構成物質量も少ない』とは、角質層が薄く、通常角質層の間に敷き詰められている細胞間脂質や天然保湿因子が非常に少ないということです。細胞間脂質の成分は、セラミドやコレステロール・脂肪酸で構成されており、親水性で水と結びつきやすい為、水分保持の性質があります。また、天然保湿因子は角質細胞の内部に存在する物質で、同じく水分を保持する性質があります。

最後の『メラノサイト細胞が存在しないこと』も非常に乾燥の原因であり、UVカットなどの対策が重要になります。

 

また、補足として、唇は表皮が薄いことで、ターンオーバーが通常の皮膚の4倍程度早いという利点があり、上手くケアを行えば早期に結果が出やすいと言う面があります。

 

唇の乾燥を悪化させないために、気を付けたい事とは?


唇の乾燥を防ぐために、気をつけておきたいことは、以下の4点です。

 

1)唇を舐める習慣
唇を舐めたり、飲料水を飲んだ際に口周りが濡れている状態が多い、という場合は頻繁に濡れる⇒乾燥するという状態を繰り返しているため、乾燥を促進してしまいます。

 

2)唇の摩擦
唇を拭く際に、ティッシュやタオルで擦るように拭いてしまっている場合は、摩擦により表皮が剥がれやすくなっている場合が多く見られます。

 

3)唇のクレンジング
落ちにくいリップなどを付けている場合は、クレンジング力の強いものを使用したり、それでも落ちない場合は擦り洗いをして表皮を傷めてしまっている場合が多く見られます。

 

4)紫外線対策
上記で述べたように、唇にはメラニンが存在しない為、紫外線ダメージをまともに受けてしまいます。損傷によって乾燥や皮向け、縦皺などが深くなって行くと言われています。また毛細血管の傷みによって色のくすみも見られます。

 
最後に

 

唇は構造的に非常に弱く、バリア機能も未熟であるため、乾燥が最も現れやすい部分です。幸いターンオーバーが早いため、治療を始めると修復されるのも早いですが、紫外線などによって出来てしまった縦皺などは修復するのが困難であるといわれています。大事なのは、『状態が悪くなる前に守る』ことであり、UVカット機能のあるリップクリームなどを常時使用すると非常に効果的と思われます。

 

起こってしまった出血や皮剥け、かさつきなどのケア方法に関しては、こちらの記事(『第三医薬品のリップクリームは普通とどう違う?最良修復方法とは』)を参照してください!

 

(photoby://pixabay.com/ja/%E5%8F%A3%E7%B4%85-%E5%94%87-%E5%8C%96%E7%B2%A7-%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%8F%A3-91112/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ガサガサに関する記事

かかとのガサガサケア

  ■なぜかかとはガサガサゴワゴワになるの?   角質と聞くと、悪者だ...

腕のブツブツ「毛孔性苔癬」の原因はニキビとほぼと同じ?

  思春期になると、二の腕に赤いブツブツが出ることが良くあります。思春期に...


サンダルを履いた時かっこ悪い?!かかとのひび割れを防ぐために乾燥を防ごう!

これからの季節、サンダルやクロックスなど、はだしではくクツが多くなります。か...

第三医薬品のリップクリームは普通とどう違う?最良修復方法とは

乾燥した際の治療方法とは? 唇の修復の最良の方法としては、まずはこまめにリ...

カラダノートひろば

ガサガサの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る