カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 生活全般 >
  5. 妊娠中期に楽な下着「マタニティインナー」何があるの?腹帯は巻く・巻かない?

妊娠・出産

妊娠中期に楽な下着「マタニティインナー」何があるの?腹帯は巻く・巻かない?

妊娠中の大きなお腹や、産後の授乳までサポートしてくれるマタニティインナーについてご紹介します。

さまざまなタイプがあるので、自分の体型や体調に合わせて選んで下さい。

『体を冷やさない』『苦しくない』ことが基準です。

 

マタニティブラジャー

妊娠中はおっぱいが大きくなるため、普段より2カップ大きなサイズを用意しておくと良いでしょう。(普段Cカップ→Fカップ)

また、産後の授乳にも使えるよう、おっぱいを出しやすいデザインの物を選びましょう。

 

ストラップオープン

授乳のとき、ストラップ部分のホックをはずすとカップが開くしくみです。

通常のブラとデザインも変わらないので、形が美しく見えます。

 

クロスオープン

フロント部分が交差していて、授乳のときにおっぱいを取り出しやすいです。

 

フロントオープン

フロント部分のスナップをはずすとダイナミックに開き、授乳しやすいです。

 

マタニティショーツ

お腹が大きくなると締め付けがきつくなるので、やわらかい素材のものを選びましょう。

産後しばらくはお腹も大きいままで、生理のような悪露(おろ)も出て汚れるため、少し多めに用意しておきましょう。

 

ベーシック

おなかすっぽりのベーシック型です。お腹が冷えることもありません。

 

フロントクロス

お腹のゴムがフロント部分で交差していて、お腹の大きさに合わせて伸びてくれます。

妊娠後期まで使えます。

 

ローライズ

股上浅めで、お腹の締め付けが気になる人にはぴったりです。

 

腹帯

大きくなったお腹を支えます。

5カ月ごろから着用するママが多いようです。

締め付けを受付けない場合は、無理して着用しなくても良いでしょう。

 

腹巻型

パンツ型ではなく、すっぽりとお腹をつつみます。ガードが強くないので締め付けがNGなママにはぴったりです。

 

ガードル型

フィット感があり、ずれにくいです。下腹部から斜め上に、お腹を支えるゴムが内蔵されたものが多いです。

 

ショーツ一体型ガードル

ショーツまで内蔵されているので、検診など脱ぎ着が楽です。

 

産後リフォームの下着

産後のお腹はまだ大きく、骨盤も開いたままです。

時間がたつとお腹についた脂肪はなかなか戻りません。

お腹周りを引き締める腹帯(ウエストニッパー)やガードルを利用して、できるだけ早めに元の体に戻しましょう。

 

妊娠後期のギリギリでは外出も一苦労ですし、出産の時期が早まることもあります。

慌てないよう早めに用意しておきたいですね。

 

腹帯について~普段から巻く?巻かない?

妊娠5ヶ月に入ると帯祝いをする時期になります。

合わせて神社に安産祈願のお参りに行くことが多く、「戌の日のお参り」と呼ばれることもしばしば。

 

地方にもよりますが、多産で安産な犬にあやかり、最初の戌の日に行うのが一般的です。

帯祝いを終えたあとも腹帯を巻くか巻かないか、悩む人もいるようです。

腹帯を巻く目的を考え、自分にとって快適である方法を選んで行くとよいでしょう。

 

腹帯を着用するメリット

腹帯を普段から着用するメリットはいくつかあります。

 

お腹を支える

5ヶ月以降はお腹がどんどん出てきますので、腹帯を巻いておくとお腹が固定され支えられます。

動くのが楽になったと感じることもあるでしょう。

また、よい姿勢を保つサポートをするという効果もきたいできます。

 

冷えを予防する

妊婦さんにとって冷えは大敵です。腹帯を巻いておくことで腹巻のように冷えを予防することができます。

冬場など寒い時期は重宝することでしょう。

 

妊娠線を予防する

お腹を支え皮膚が伸びるのを緩和し、保湿する効果も見込めるため妊娠線ができにくくなるでしょう。

衣服のこすれからもカバーすることができます。

乾燥する時期は特によいでしょう。

 

腰痛を緩和する

妊娠すると、お産に備え骨盤などの関節や筋肉がゆるんできます。

これにより腰痛の症状がでることがあります。

腰痛に対応したコルセットやバンドタイプの腹帯を着用することで、腰痛を緩和できる場合があります。

 

服帯を着用するデメリット

メリットが多い腹帯ですが、デメリットもいくつかあります。

 

締め付けが苦しい

妊娠中は少しの締め付けでも苦しいと感じやすいです。着用したもののいつも窮屈だと感じていては、リラックスして過ごせません。伸びがよく肌触りの良いものを選び、一度試着して自分に合っているか確認しましょう。

 

かさばる

洋服にひびく、トイレの時ずらさなければならず不便だと感じることもあります。

 

血行不良

腹部を締め付けることで血流が悪くなり、赤ちゃんへの血液の供給が減って栄養も十分に届けられなくなるのではと心配する声もあります。

 

巻く場合は快適に過ごせる締め付けの少ないもの、窮屈さや不便さを感じないものを選びましょう。

違和感や不快感がある場合には無理に着用せず、自分の体調を最優先で過ごすことが大切ですね。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●肩こりや腰痛はなるべく避けたい!妊娠中期の楽な姿勢について

●知っておきたい妊娠中の「お腹の張り」の基礎知識

 

(photo by //www.ashinari.com/)

著者: kaoruさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活全般に関する記事

旦那に尽くしてばかり…上手にお願いして妊娠中旦那に尽くしてもらおう

あなたは「尽くしたい」でしょうか「尽くされたい」でしょうか? 女性の場合、どち...

胎動でコミュニケーション!キックゲームをしてみませんか?妊娠中期の胎動の体験談あり

妊娠中期は、赤ちゃんの成長を楽しむことができる段階へ徐々に移ってくる時期とい...

生活全般の体験談

ベビー用品がたくさん!4ヶ月ぶりの銀座

私は約12年くらい銀座1丁目で仕事をしていました。 365日とは言いませんが週6日、毎日毎日。 ...

病院の母親学級に初めて参加!グループで話し合いも

つわりがあったり、切迫流産になったりでなかなか行けなかった母親学級。 ようやく身体も落ち着いてきた...

カラダノートひろば

生活全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る