カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 基礎知識 >
  5. 妊娠中期の母体はと赤ちゃんの状態!症状と気を付けたいことまとめ

妊娠・出産

妊娠中期の母体はと赤ちゃんの状態!症状と気を付けたいことまとめ

 

妊娠初期と比べ、つわりが治まりママも元気になります。赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら、余裕があるときはウォーキングなど軽い運動で体力をつけましょう。

 

妊娠5カ月

つわりが治まり、食欲が戻ってきます。母体も体重を増やそうとする時期なので、食べ過ぎには注意です。体重管理をこころがけましょう。

赤ちゃんが大きくなることで、胎動を感じるママもいるかも知れません。 

 

妊娠6カ月

お腹が目立ってきます。子宮が臓器を圧迫することで心臓や肺にも影響し、動悸や息切れを感じやすくなります。立ちくらみも起こりやすく、立ちあがる時など注意しましょう。乳腺が発達し、乳首が大きく黒ずんできます。乳首を刺激すると黄色い初乳がにじむかも知れません。  

 

妊娠7カ月

赤ちゃんが大きくなり、動いたりすることで、膀胱が圧迫されてトイレが近くなってきます。我慢せずトイレに行きましょう。

ママの身体は赤ちゃんに栄養を送るために血液を増加させます。妊娠前の血液量から45%も増えると言われています。 

 

妊娠中期に起こりやすい症状

つわりの苦しみとは違い、妊娠中期からは、おおきくなった子宮に圧迫されたり、赤ちゃんに踏まれたりすることでマイナートラブルが起きやすくなります。

妊娠中にはしかたのない事ですが、ひどい時は病院へ相談してみましょう。

 

・動悸、息切れ

・お腹の張り

・めまい、立ちくらみ

・便秘

・痔

・むくみ、しびれ

・胸やけ

・眠れない、眠くてしかたない

 

妊娠中は冷えに用心です。体が冷えると血管が収縮し、筋肉がこわばります。冷えた状態が長く続くと、赤ちゃんにも栄養を送りづらくなります。

冷え気味だなと思った日には、お風呂でゆっくり体をあたためると、赤ちゃんも気持ち良くなってたくさん動いてくれるようです。

 

安定期にはつわりも落ち着く妊婦さんも多く、できるだけウォーキングなどの運動を取り入れていきたいですね。

 

(photo by //www.ashinari.com/

著者: kaoruさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

マタニティライフの折り返し地点!妊娠中期の注意点

妊娠中期はマタニティライフの折り返し地点にあたります。妊娠中期の注意点につい...

妊娠中期の赤ちゃんはコミュニケーションが取れる?中期の赤ちゃんはこんなかんじ!

つわりが治まり、ママも元気な時期に入ります。赤ちゃんもだんだんと人間らしく成...

基礎知識の体験談

妊娠中期。16w5d。お腹が出過ぎ?!産後もどるの?

妊娠5ヶ月。 なのに…私、結構、お腹が出てきてしまいました。出すぎたお腹妊娠5か月は、妊娠中期に入...

妊娠、出産を扱ったマンガ、エッセイのおすすめ

妊娠して、色んな本を読みましたが、マンガやエッセイももれなく色々と読みました。 活字に飽きたときは...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る