カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 妊娠中期の母体はと赤ちゃんの状態!症状と気を付けたいことまとめ

妊娠・出産

妊娠中期の母体はと赤ちゃんの状態!症状と気を付けたいことまとめ

 

妊娠初期と比べ、つわりが治まりママも元気になります。赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら、余裕があるときはウォーキングなど軽い運動で体力をつけましょう。

 

妊娠5カ月

つわりが治まり、食欲が戻ってきます。母体も体重を増やそうとする時期なので、食べ過ぎには注意です。体重管理をこころがけましょう。

赤ちゃんが大きくなることで、胎動を感じるママもいるかも知れません。 

 

妊娠6カ月

お腹が目立ってきます。子宮が臓器を圧迫することで心臓や肺にも影響し、動悸や息切れを感じやすくなります。立ちくらみも起こりやすく、立ちあがる時など注意しましょう。乳腺が発達し、乳首が大きく黒ずんできます。乳首を刺激すると黄色い初乳がにじむかも知れません。  

 

妊娠7カ月

赤ちゃんが大きくなり、動いたりすることで、膀胱が圧迫されてトイレが近くなってきます。我慢せずトイレに行きましょう。

ママの身体は赤ちゃんに栄養を送るために血液を増加させます。妊娠前の血液量から45%も増えると言われています。 

 

妊娠中期に起こりやすい症状

つわりの苦しみとは違い、妊娠中期からは、おおきくなった子宮に圧迫されたり、赤ちゃんに踏まれたりすることでマイナートラブルが起きやすくなります。

妊娠中にはしかたのない事ですが、ひどい時は病院へ相談してみましょう。

 

・動悸、息切れ

・お腹の張り

・めまい、立ちくらみ

・便秘

・痔

・むくみ、しびれ

・胸やけ

・眠れない、眠くてしかたない

 

妊娠中は冷えに用心です。体が冷えると血管が収縮し、筋肉がこわばります。冷えた状態が長く続くと、赤ちゃんにも栄養を送りづらくなります。

冷え気味だなと思った日には、お風呂でゆっくり体をあたためると、赤ちゃんも気持ち良くなってたくさん動いてくれるようです。

 

安定期にはつわりも落ち着く妊婦さんも多く、できるだけウォーキングなどの運動を取り入れていきたいですね。

 

(photo by http://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠中期(5~7ヵ月)に関する記事

安定期の妊娠中期に腹痛が!心配な腹痛の見極め方

妊娠中期に入り、妊娠生活にも慣れてほっとしていた頃に、腹痛が多くなる人もいます...

胎動でコミュニケーション!キックゲームをしてみませんか?妊娠中期の胎動の体験談あり

妊娠中期は、赤ちゃんの成長を楽しむことができる段階へ徐々に移ってくる時期とい...

妊娠中期(5~7ヵ月)の体験談

順調にお腹の赤ちゃんが成長!3Dエコーで確認

胎動も日に日にはっきりしてきて、日々赤ちゃんの成長を感じます。 3Dエコーのおかげでだいぶ赤ちゃん...

浮腫みがすごい>< 解消法は。。。??

私は妊娠6ヶ月くらいからつわりも殆どなくなり、だんだん食欲が旺盛になってきました。 病院でも体重管...

カラダノートひろば

妊娠中期(5~7ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る