カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 体調・症状 >
  5. 妊娠中期の腰痛はホルモンが関係?辛い腰の痛みの軽減方法を紹介

妊娠・出産

妊娠中期の腰痛はホルモンが関係?辛い腰の痛みの軽減方法を紹介

妊娠すると体のあちこちに、普段とは違う負担がかかってきます。

とくに妊婦さんを悩ませる症状の一つが腰痛です。甘く見ていると産後の体にも響くため、妊娠中から腰痛対策をとっていきましょう。

 

腰痛メカニズム

腰痛の原因はさまざまですが、その一つにホルモンの影響があります。

妊娠すると赤ちゃんの発育や出産に向けて、ホルモンの分泌が盛んになります。

 

「リラキシン」というホルモンは、出産時に赤ちゃんが通る産道を開かせるために、骨盤の靭帯をゆるめる働きがあります。靭帯が緩んで骨盤が不安定になることで、腰痛が起きやすい環境になるのです。

 

腰痛の対処法

腰に負担をかけないこと、リラックスさせることが重要です。

 

・重いもの持たない

・ときどき姿勢を変える

・骨盤ベルト、腹帯をしめる

・背中を丸めない

 

また腰痛に限らず、妊娠中は便秘や肩こりなどのマイナートラブルも多いため、血流をよくすることが重要です。

 

<血流を良くするために>

・ストレス回避

・体冷やさない

・入浴

・マタニティヨガなど

 

<血液サラサラ食材>

・玉ねぎ

・にんにく

・キムチ

・納豆

・青魚など

 

マタニティヨガとは

妊娠中にでもできる運動の一つに、マタニティヨガがあります。

ヨガは体を鍛えるだけでなく、精神を見つめ、自分の体と向き合う要素を持っているため、腰痛改善以外にも妊婦さんにはいろんな効果をもたらしてくれます。

 

・出産に必要な呼吸法

・赤ちゃんの状態をイメージ

・無理なくはじめられる

・きつい運動はなし

腰痛は産後のからだにも響く

出産でママの骨盤は大きく開きます。産後もしばらくは元にもどりません。骨盤の歪みは腰痛の原因になります。産後すぐからウエストニッパーやガードルを使用して早めに骨盤を引き締めると良いでしょう。

 

腰は一度痛めると繰り返しやすいので予防することが大切です。

普段から頭の片隅に置いて傷めない工夫を心掛けましょう。

(photo by //www.ashinari.com/) 

著者: kaoruさん

本記事は、2016-07-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体調・症状に関する記事

妊娠5カ月!赤ちゃんとママの体はどんな状態?

妊娠5カ月(16~19週)になるといよいよ安定期に入ります。 この頃の赤ち...

お腹や手足の強いかゆみ…それって「妊娠性痒疹」かも?!

妊娠中は肌が敏感になり、いつもと同じケアをしていても、痒みが出やすくなります...

体調・症状の体験談

肌のケアは妊娠線予防だけ気にすると落とし穴が・・・!

妊娠をしてから、肌の質が少し変化して、痒みや乾燥を感じ寝付きが悪くなることもありました。 そんな時...

【切迫流産】回復してからの体力不足と疲れ…そして切迫早産に

3カ月ほどの寝たきり生活をやっと終えて、お医者さんからも、絶対安静をといていただいた翌日から、心が晴...

カラダノートひろば

体調・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る