カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 神経障害・血流障害・高血糖・・3つの視点から潰瘍に注意する

生活習慣病

神経障害・血流障害・高血糖・・3つの視点から潰瘍に注意する

 

足に頻発する糖尿病合併症として代表的なものが糖尿病性潰瘍です。この合併症は発見が遅くなってしまうと足の切断が余儀なくされる病気ですので、普段から注意が必要です。

 

 

糖尿病から潰瘍が発症する

糖尿病性潰瘍は糖尿病性壊疽(えそ)とともに糖尿病足病変とくくられることもあります。潰瘍は皮膚が丸く欠損したようになり、壊疽は皮膚や皮下脂肪が死滅して黒色に変化してしまうものです。これらのどちらも糖尿病から出発して、合併症などから起こる血流障害神経障害、そして高血糖からくる免疫力の低下を伴った体の状態のまま、何らかのきっかけがあって、潰瘍や壊疽が起こります。

 

それぞれの体の状態で気をつけたいこと

神経障害によって気づきにくいきっかけを知る

…神経障害が進行すると痛みや温度を感じにくくなります、それによって以下のような場合できっかけをつくりやすくなります。

釘などの異物を踏んで足の裏を傷つけて感染を起こす

風呂の温度は特に足ではわからないため、思わぬ高温でやけどをする

窮屈な靴をはいていて靴擦れを起こし感染を起こす

足の裏にできたタコを自己処理してしまって感染を起こす

湯たんぽなどによる低温やけど

異物を踏む危険は足がむき出しになっている屋内で特に気をつけましょう。神経障害が進行していると例え血が出ていたり、強い炎症を膿があっても本人には自覚できない場合があります。特に足の裏はこまめにチェックすることが必要です。

 

血流障害の進行具合を知る

血流障害が進行するほど潰瘍の危険が増しますので、早い段階で血流障害に対処することが望まれます。

Ⅰ度:無症状あるいは末端(特に足)のしびれ感、冷感

Ⅱ度:歩行すると下肢に痛みを生ずるが、休憩すると楽になる

Ⅲ度:安静時に疼痛が生じる

Ⅲ度の次はもう潰瘍などの発生の可能性が大きくなります。こうした症状を自覚している場合は医師に相談しましょう。

 

高血糖による危険を知る

…高血糖の状態は体の免疫力を低下させます。そのため少しの傷から入った細菌に対抗することができず、体内で細菌が増殖して化膿しやすくなります。そのため常に清潔にしておく必要があります。

 

 

日常生活では自分の感覚が鈍くなっていること、細菌に感染しやすくなっていることを言葉だけではなくしっかりと自覚し、気をつけて生活することが重要です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/18-382140.php?category=288])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

最も恐ろしい合併症!?日常生活を送るのが難しくなる糖尿病性足病変とは?

糖尿病にはさまざまな合併症があります。そして、合併症の種類によっては日常生活...

糖尿病で皮膚トラブルが!こんなときどんなスキンケアをするのが正解なの?

   健康な皮膚は、健康な血管、健康な血液があってこそ成り立ちます。潤い、皮脂...


糖尿病性壊疽など、難治性皮膚潰瘍を再生!『多血小板血漿療法』とは?

糖尿病・外傷・褥瘡(床ずれ)などが原因で生じる皮膚潰瘍は、通常その治療法として...

糖尿病性潰瘍の進行段階を知ろう

  糖尿病に合併して発症する糖尿病性潰瘍は、重篤化すると足切断の判断をしなけれ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る