カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 副鼻腔炎 >
  5. 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)にかかったら…妊婦は副鼻腔炎の治療にも注意が必要!

気になる病気・症状

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)にかかったら…妊婦は副鼻腔炎の治療にも注意が必要!

慢性副鼻腔炎は、一般的には蓄膿症(ちくのうしょう)と呼ばれる病気で、鼻周辺の骨の間の空洞である副鼻腔が感染することにより炎症が起こり、膿などが溜まって発症するものです。

 

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

症状

症状は頭痛、頭重感、鼻汁、鼻閉(鼻づまり)、咳嗽、喘鳴、副鼻腔の鈍痛、鼾(いびき)、注意力の散漫などがあり、慢性的な場合は中耳炎を繰り返すなど、患者にとっては大変辛い疾患でもあります。

 

治療

治療としては、鼻汁や膿を吸引し、ネブライザーでステロイドや抗生物質を局所的に注入することで炎症を抑えるようにするのが主な方法です。

 

妊娠中の副鼻腔炎(蓄膿症)

もともとアレルギー性鼻炎や蓄膿症を患ったことがある方などは、妊娠中は免疫機能がやや低下するため、炎症が起こりやすくなります。

ですが、抗生物質などの長期投与ができないためになかなか症状が改善せず、つらい思いをされる方が多いようです。

 

副鼻腔炎の場合、妊婦の方への抗生物質やステロイドなどの投薬は原則的に避けているようです。

薬の安全が確認されていたとしても、出産や胎児に及ぼす影響が未知数であるため、万が一のことを考慮して使用しない場合がほとんどです。

 

アレルギー性鼻炎に有効な局所的レイザー療法や、鼻汁や膿の吸引などでその場しのぎの対応は可能ですが、それも一時的な治療に過ぎないため、完全な治療とはいきません。

 

副作用が少ないとされる漢方薬を治療に用いる場合もあり、内服薬としては次のようなものがあります。

 

1.葛根湯加川きゅう辛夷

2.辛夷清肺湯

3.葛根湯

4.荊芥連翹湯

 

…などがありますが、こちらも自己判断で勝手には使用できません。

その方の体質や症状に合わせた処方が必要になりますので、専門医の処方が必要です。

 

民間療法では「刀豆茶」という飲料が、鼻の通りを良くするとも言われています。

 

どちらにしても、妊娠中は積極的な治療ができないため、出産までは我慢が必要になるようです。

もし症状が酷く、痛みが我慢できない場合などは、かかりつけの産科の先生に相談してみましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/2011/07/26-348604.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-26掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

副鼻腔炎に関する記事

副鼻腔炎で高熱が出る時

  アオバナや黄色のネバネバした鼻汁がひっきりなしに出て鼻がつまり、鼻汁は喉に...

ひどくなると手術も必要な副鼻腔炎の解決法

    かぜをひくと、副鼻腔が細菌感染して、鼻づまりがひどくなり、悪臭がある鼻汁...


歯痛と副鼻空炎の関係?

  上の奥歯が痛み歯医者さんに行くと、虫歯や歯槽膿漏以外に、歯痛が副鼻腔炎を引き...

カラダノートひろば

副鼻腔炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る