カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痙攣(胃けいれん) >
  5. 胃痙攣(胃けいれん)の辛い痛み…胃痙攣を引き起こす疾患とは?

気になる病気・症状

胃痙攣(胃けいれん)の辛い痛み…胃痙攣を引き起こす疾患とは?

胃痙攣は、食物を摂取した後の反射により、胃壁にある筋層が必要以上に緊張することで痙攣を起こしたような状態になり、突然激しい痛みを発生する症状のことをいいます。

 

胃痙攣とは?

痛みは、みぞおちから腹部にかけての痙攣性の痛みで、時に背部の鈍痛を訴える場合もあります。ひどい場合は数十分(まれに1時間以上)激しい痛みが続くため、軽いショック状態になることもあります。

 

胃痙攣そのものは病気ではありません。他に何らかの原因となる疾患があり、それがもとで発症することがほとんどです。

胃は交感神経や副交感神経と密接な関係を持っていますので、まれにストレスや極度の緊張、神経症などが原因となり症状を引き起こすこともあります。

 

胃痙攣の症状を引き起こす疾患

1. 急性胃炎

2. 胃軸捻転(いじくねんてん) 

3. 胃粘膜脱(いねんまくだつ) 

4. 胃潰瘍 

5. 胃がん 

6. 急性胃拡張 

7. 胆のう炎 

8. 胆石症 

9. 十二指腸潰瘍 

10. 急性膵炎 

11. 急性虫垂炎

 

胃痙攣の場合は、まず原因を究明するための検査を行うことが大切です。

 

治療

原因をはっきりとさせたうえで、それに合わせた治療を行います。

多くの方は胃・十二指腸潰瘍や急性胃炎が原因のようですので、それに見合った胃粘膜の保護剤やガスターなどのH2ブロッカーを使用します。

 

躁うつ病などのような双極性障害の方も、胃痙攣の症状を訴える方が多いようです。その場合は、その方に合った安定剤を用います。

痙攣自体にはブスコパンなどの鎮痛剤を用いますが、ひどい場合にはすぐに効かないということもあるようです。

 

いきなり胃痙攣の痛みに襲われた場合は、とにかく安静にし、できるだけゆっくりと息をします。あまり深く深呼吸を繰り返してしまうと過呼吸になる場合もありますので、日ごろ自分が呼吸しているリズムを意識したほうが良いでしょう。

また、胃痙攣を頻回に起こす場合は、医師に相談し、何らかの予防策を講じることをお勧めします。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●心的ストレスから引き起こされる胃痙攣とは?

 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃痙攣(胃けいれん)に関する記事

ストレスから引き起こされる胃痙攣!!激痛はもう嫌!対処方法は?

ストレスが原因で起こる胃痙攣。主にみぞおち付近で、激しい痛みを感じます。軽い...

胃けいれんの時の食事療法

食後30分位してみぞおちのあたりが痛む胃痛は、胃の筋肉のけいれん、胃の粘膜の炎...


胃痙攣(けいれん)の状態と症状別の緩和法~嘔吐編~

胃痙攣は、胃の筋肉の緊張の増大による痙攣のことです。筋肉の緊張は病気によって...

妊娠中に急な腹痛・胃痛が起こる胃痙攣!なぜ起こるの?どう対処すれば?

妊娠中、お腹に赤ちゃんがいて大変なのに、急な腹痛・胃痛を感じてしまう胃痙攣。妊...

カラダノートひろば

胃痙攣(胃けいれん)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る