カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痙攣(胃けいれん) >
  5. 胃痙攣の激しい症状…大切なのは原因に沿った治療をすること!症状と原因について

気になる病気・症状

胃痙攣の激しい症状…大切なのは原因に沿った治療をすること!症状と原因について

胃痙攣の経験はありますか?主に、食事の後などに、胃壁が緊張し、突然激しい痛みを発生する症状のことを言います。激しい痛みを伴う胃痙攣と、その原因についてご紹介します。

 

●胃痙攣の症状

痛みは、みぞおちから腹部にかけての痙攣性の痛みで、時に背部の鈍痛を訴える場合もあります。

症状としてはこの痛みが特徴的で、数十分(まれに1時間以上)に渡る激しい痛みが続くため、軽いショック状態を起こすこともあります。

 

四肢の冷汗(手足が冷たくなる)や、顔面の蒼白(顔が真っ白になる)を認めた場合は、血圧が低下しショック状態に陥っている場合もありますので、そういう場合は保温と下肢の挙上を図り、速やかに病院へ搬送することをお勧めします。

 

胃痙攣の症状として、

1. みぞおち部分の激しい痛み

2. 嘔気

3. 嘔吐

4. 胃もたれ

5. 噯気(げっぷ)

6. 下痢

7. 冷汗

などがあります。

 

●胃痙攣の原因

胃痙攣の場合は、その原因を検査し、その原因に添った治療をすることが必要です。

原因としては、胃潰瘍・急性胃炎・胃軸捻転・胃粘膜脱など、実際に胃の病気によるもののほか、十二指腸潰瘍・胆石症、胆管炎、急性膵炎などの、他臓器が原因の場合もあります。また、ストレスや過度な緊張、神経症が原因となることもあります。

 

受診する場合は、痛みの状態を詳しく医師に説明し、原因を調べてもらいます。

1. シクシク痛む

2. キリキリ痛

3. 食事の後に痛む

4. 空腹時に痛む

5. どのくらいの時間つづくのか

など、痛みの性質を担当医に詳しく説明すると、速やかに治療を進めてもらうことができます。

 

痛みのみに着目し、胃腸の緊張をほぐす鎮痛薬・鎮痙薬などでその場をしのぐ方法もありますが、それを続けていると、病状が悪化していく可能性が高くなります。

あくまでも原因となる疾患を調べ、その治療を行うことが大前提です。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●心的ストレスから引き起こされる胃痙攣とは?

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃痙攣(胃けいれん)に関する記事

疾患から引き起こされる胃痙攣とは?胃痙攣について知っておこう!

胃痙攣は、胃の筋肉が緊張する事で起こる痙攣です。痛みの起こる場所は、みぞおち付...

ストレスが原因!?急な腹痛!胃痙攣とは??

  何の前触れもなく、急に激しい腹痛を感じてしまう“胃痙攣”という症状を体...


熱中症と胃痙攣には関係がある!?夏の胃痙攣に要注意!

夏になるとニュースで『熱中症』という言葉をよく耳にします。近年の日本は異常気...

胃痙攣(けいれん)の状態と症状別の緩和法~嘔吐編~

胃痙攣は、胃の筋肉の緊張の増大による痙攣のことです。筋肉の緊張は病気によって...

カラダノートひろば

胃痙攣(胃けいれん)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る