カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 腸炎 >
  5. ストレスだけが原因ではない!抗生物質の服用によって起こる腸炎!?

気になる病気・症状

ストレスだけが原因ではない!抗生物質の服用によって起こる腸炎!?

        

腸炎には、感染性の腸炎や慢性腸炎のみならず、抗生物質を服用することによる、薬剤起因性腸炎というものがあります。


特に抗生物質関連腸炎は、抗生物質を服用することで腸の中にある腸内細菌が死滅してしまうことにより生じる腸炎で、急性出血性腸炎偽膜性腸炎とに大きく分けられます。

薬剤によって腸管に糜爛(びらん)や潰瘍などの炎症が起き、腹痛、下痢や下血などの症状がおこります。

 

抗生物質起因性急性出血性大腸炎
抗生物質、特にペニシリン系やセフェム系の抗生物質の服用で多く見られ、服用後に血性の下痢腹痛で急激に発症します。ペニシリン系抗生剤が何らかのアレルギー反応を引き起こし、大腸の血流を障害してびらんを引き起こし、出血を起こすとされています。


抗生物質服用後2~3日めと早い段階で発症しやすく、また横行結腸など深部大腸に出血が多くみられる傾向があります。

治療は、抗生物質の中止輸液などの対症療法でほとんどの場合改善します。

 

 

偽膜性大腸炎
抗生物質を一定期間以上服用すると、その薬に感受性のある細菌はぐっと数が減りますが、逆にその抗生物質に耐性をもつクロストリジウム・デフィシルが腸内で異常に増殖し、菌交代現象を起こします

症状としては、腹痛腹部膨満感を伴う水様性の下痢や発熱です。


この場合、原因となる抗生物質を中止し、対症的に点滴で脱水を改善します。発熱を考慮するあまり他の抗生物質をあらたに加えたりすると、さらに菌交代が進み症状が悪化するので注意が必要です。

基礎疾患が重篤でなければ、保存療法で徐々に改善します。重症例にはバンコマイシンを経口投与する場合があります。

 

 

抗生物質以外の薬には、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)や抗がん薬、免疫抑制薬、重金属製薬、経口避妊薬などの服用で起こる場合があります

特に非ステロイド性消炎剤では胃潰瘍、稀に大腸炎をおこしますので注意が必要です。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/07-381740.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腸炎に関する記事

どのウイルスによる感染性胃腸炎の症状?細菌の種類で異なる症状をチェックしよう!

  胃腸風邪=感染性胃腸炎は、原因となるウイルスや細菌によって症状が出ますが、...

辛い腸炎・・・その原因は様々!

  腸炎の種類はひとつではありません。症状は下痢や腹痛など共通した部分が非常に...


出血を伴う潰瘍性大腸炎にもストレスが関与している?

                   腸からの出血と聞くと、悪性腫瘍(がん...

過敏性腸症候群はストレスが原因 その辛い症状とは?

         多くの便通異常は腸管の機能異常に基づくものですが、その代表...

カラダノートひろば

腸炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る