カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 妊娠前と妊娠中の飲酒・・・。赤ちゃんに影響は?

妊娠・出産

妊娠前と妊娠中の飲酒・・・。赤ちゃんに影響は?

妊娠が発覚する前に、たくさんお酒を飲んでいた方、「あんなに飲んでいたけど・・・赤ちゃん大丈夫かな?」「毎日毎日お酒を飲んでいたけれど、赤ちゃんへ影響しないのかな?」と心配になることはありませんか?

 

「妊娠に気づかず飲んでしまった」「妊娠中はなぜ飲酒がよくないのか」「飲酒による胎児への影響」など、妊娠前と妊娠中の飲酒についてまとめました。 

 

妊娠前の過剰な飲酒は大丈夫?

妊娠前であれば、アルコールを飲んでいても問題はないとされています。

アルコールは時間の経過と共に代謝されますし、何よりも、妊娠しているわけではないので、胎児への影響はありません。

 

妊娠に気づかずに飲酒してしまった…

妊娠していることにまだ気づいていない時期に飲んでしまったアルコールに関しては、誰しもが反省をしてしまいます。実際には胎盤が作られ、胎児へ栄養などが送られ始めるのは妊娠4ヶ月ごろからとされています。

 

しかし!妊娠に気づく前のアルコールはほぼ、胎児へ影響ないと考えられますが、発覚後は飲まないようにしましょう!

 

お酒ばかり飲んでいた体で妊娠。赤ちゃんは大丈夫?

お酒を飲むことが日課だった方でも、アルコールが体に蓄積されているワケではないので、妊娠・赤ちゃんへの影響な無いと言えるでしょう。

 

しかし、お酒を飲むことで、食事のバランスが偏っていたり、糖質・脂質などの取りすぎで体重増加傾向にある場合には、妊娠を機に生活改善をしていく必要があります。 

 

妊娠が確実に解っていれば、飲酒は避けられたかもしれません。しかし、こればかりは予測ができないもの。過ぎてしまったことを悩んで滅入るよりは、これからの生活で気をつけていく姿勢が大切です。

 

妊娠初期のお酒はなぜダメ? 

産院に相談すると、先生によってはビール1杯なら良いだとか、一口程度なら良い、という先生もいるかもしれません。しかし、アルコールは胎児へ直接的な影響を与えてしまいます。

 

特に妊娠初期は胎児の細胞が著しく変化し、体の形成・脳の形成をしていく大切な段階です。この時期の飲酒は赤ちゃんの発達に大きく関わるとされています。 

 

妊娠中の飲酒による胎児への影響

妊娠中に飲酒をすると、胎児へ、頭部の奇形・低体重児・脳の発達障害などという様々な影響を及ぼすリスクが高くなります。こうした障害は大量に飲酒したときに起こるものとされていましたが、少しの飲酒でも赤ちゃんに障害が出ることが分かりました。

 

これが「胎児性アルコール症候群」という疾患で、お腹の中で発達を続けている段階の赤ちゃんに対して、アルコールという刺激物が大きな影響を与えてしまうのです。

 

アルコールによって引き起こされる胎児への影響、ママは悔やんでも悔やみきれません。妊娠が解った時点ですぐに禁酒しましょう。

 

赤ちゃん出る具体的な症状は?

胎児性アルコール症候群は、ママが妊娠中にアルコールを飲むことによって起こる症状全てを指します。

その症状には以下のようなことがあります。

・発達障害

・行動障害

・学習障害

・特有の顔貌

・小奇形

 

障害の程度は様々で、少しの飲酒だから障害の程度が低いと言い切れるわけでもないようです。特に脳に影響が出る場合には、脳自体が小さく出来上っていたり、脳梁と言う部分が小さかったり、脳の形が歪んでいたりといったことが見られるようです。

 

どれくらいの飲酒量なら平気?は無い

上記のように、少量だから障害が少ないというわけではないので、少しならよいということではありません。 逆に、飲酒したから絶対に胎児性アルコール症候群を生じるわけでもないですが、1回目の妊娠で大丈夫だっただから2回目も大丈夫ということでもありません。

 

妊娠中に飲酒をしなければ絶対に防げる病気ですから、妊婦さん自身の取り組みが大切です。

 

お酒を多く飲むほど可能性は大きくなるが…

もちろんアルコールを飲む量が多く頻度が多い方が胎児への影響は大きくなり、胎児性アルコール症候群を生じる可能性は大きくなるし、疾患の重症度は重くなります。 

しかし、だからと言って少ない量の飲酒だからといって大丈夫というわけではありません。一応ではありますが、妊娠中のアルコール摂取量と胎児への影響度の関係を示したものがあります。

 

・1日摂取量が15mL未満…胎児への影響は少ない

・1日摂取量が90mL以上…奇形の発生が明確に高くなる

・1日摂取量が120mL以上…胎児性アルコール症候群の発生率が3割~5割

 

ただし、上記は一応の関係性で、実際に胎児性アルコール症候群に罹患したママの多くは60~90mLのアルコールを連日ではなく、ときどき飲んでいたということなので、一日の摂取量に換算するとぐっと少なくなります。

こうしたことから、飲酒量だけが単純に指標になるものではなく、そのため、「飲酒しないに限る」としか言えないのです。

 

妊娠初期に大量に飲酒をしていても、その後禁酒することで赤ちゃんに影響が出なかったケースもあります。すべてがこのケースにあてはまるわけではないですが、胎児性アルコール症候群は判明していないことが多いため、少ない量でも多い量でも安全ではないと知っておくべきでしょう。

 

飲酒をしないためには?

お酒の場に行かない・お酒のある環境に入らない・ノンアルコールで我慢する・アルコールによる胎児への影響をしっかり学んでリスクを知る・・・などです。かんたんに我慢できれば苦労しないでしょう。どうしても禁酒が辛い場合には、医師に相談をしましょう。

 

最後に 

お酒は、胎児へ大きな影響を及ぼしてしまいます。「このくらいなら大丈夫だよ」と、たとえ医師が判断したとしても、その量がはたして、自分の身に適しているのか、赤ちゃんへの影響が100%無いと言い切れるのか?しっかり考えましょう。

(photo by: http://www.ashinari.com ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-10掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠初期(2~4ヵ月)に関する記事

ゴルフ好き妊婦さんは注意!妊娠中のゴルフは危険!?

最近、人気モデルやタレントもプレイしていることで、にわかに女子の間でもブレイ...

妊娠したら鼻水が出る…妊娠初期症状?!服薬以外の有効な対処法・予防法もご紹介!

妊娠初期にママに見られる症状には、腰痛や吐き気など、妊娠と結びつけやすいもの...

妊娠初期(2~4ヵ月)の体験談

遅めの初診

生理日から計算しても8週入ったばかりなのに、あかちゃんが大きすぎて、9wの扱いになりました。 20...

エコーで脳に丸い影!?脈絡膜嚢胞とは

妊娠が分かった方は妊婦健診が始まるかと思いますが、初めの頃は4週間隔で健診に行きエコーで我が子の成長...

カラダノートひろば

妊娠初期(2~4ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る