カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. ガサガサ >
  5. 第三医薬品のリップクリームは普通とどう違う?最良修復方法とは

美容・ダイエット

第三医薬品のリップクリームは普通とどう違う?最良修復方法とは


乾燥した際の治療方法とは?


唇の修復の最良の方法としては、まずはこまめにリップクリームを塗って乾燥を未然に防ぐことです。多くの病院でも治療に用いられる『ワセリン』は、構造的に非常に安定した形をしているので、酸化などの変性が起こりにくく、皮膚に害を与える可能性が低いことから肌荒れの改善に有用であると考えられています。

 

また、価格的には少し値が張るようですが『薬用表記のあるもの・第三類医薬品』のリップクリームなどは、補修成分が多く含まれているので有効です。出血や皮剥け等の損傷がある場合は特に、『アラントインやグリチルレチン酸』などの抗炎症、皮膚の補修薬効成分の入ったものを選ぶと修復が早くなります。これらと同時に新陳代謝が促進されるような『ビタミンE、B6』などが入ったもので更に状態が改善されます。また、香料や添加物の多く含まれているものは、皮膚に負担を掛けますので、避けた方が無難であるようです。

 

<第三類医薬品に含まれる主な成分>

 

◆ビタミンE
血管の収縮を促す神経伝達物質の生成を抑え、毛細血管を拡張し、新陳代謝を促進する。

 

◆ビタミンB6
タンパク質の代謝を助け、新陳代謝を促進する。

 

◆アラントイン
植物から抽出される成分で、血管内皮細胞内にある線維芽細胞増殖因子のFGF受容体に作用し、細胞増殖を促し、修復を早める。

 

◆グリチルレチン酸
ステロイドと類似の構造を持っており、細胞膜の受容体に作用し、プロスタグランジンの生成を抑え抗炎症作用を生じる(但し、ステロイドと類似の構造のため、長期使用によって免疫抑制作用などが起こる可能性もあると指摘される場合もあるので、注意が必要)。

 

◆パンテノール(パントテン酸)
コラーゲン合成の補酵素として必要なビタミンCの働きを助ける。

 

◆尿素
極性(電子をひきつける力)を持っているので、水分子などの極性分子と結合しやすく、保水性がある。

 

唇を潤わせる、もう一段階上のケアとは?

 

唇のかさつきや炎症を抑えると言う面においては、第三類医薬品のような配合成分で治療することが最も有効であると言われていますが、多くの女性にとっては患部の治療を行うだけでなく、さらに潤いや弾力性、皺の無い唇の状態を求められている場合が多くあると思います。この場合は、上記のリップクリームによる修復だけでは、保護作用のみで不十分である考えられるため、以下のような方法を一緒に行うことが良い効果となります。

 

<リップクリーム以外のケア方法>

 

◇直接的に表皮に水分を与えて、クリーム等で潤いを閉じ込める。
基礎化粧品を唇まで使用し、その上からリップクリームを使用する。

 

◇天然保湿因子の構造に類似すると言われているオリーブオイル+蜂蜜でパックをする
蒸しタオルを使った唇パック
(蒸しタオルで温める⇒オリーブオイル+蜂蜜を塗ってラップをしさらに蒸しタオルで温め10分放置⇒優しく拭き取る)

 

◇体内からタンパク質(皮膚)の代謝を促進させる
食事によるビタミンBの補給
レバーやうなぎ、納豆、卵などビタミンBを多く含む食材を摂取する)


最後に

 

水分保持能力が落ちてきていると感じられる場合は、リップクリームだけでは不十分であり、毎日使用されている基礎化粧品で保湿をしてからリップクリームを塗ることが最も良い方法であると思われます。また、多くの方が気にされるのが唇の縦皺ですが、この状態を補修しようと思うと基礎化粧品やリップクリームのみでは少し難しいです。重要なのは、皺になる前にその原因となっている紫外線からの防御が重要であり、UVカット機能のあるリップクリームを使用するのが有効です。 

 

また唇がなぜ乾燥しやすいか?という構造について興味を持たれた方は、こちらの記事も、是非ご参照ください!(唇は皮脂腺が無いので無防備!乾燥を招く『避けたい習慣』とは?)

 

(photoby://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB-%E5%8F%A3%E7%B4%85-%E5%94%87-%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89-139266/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ガサガサに関する記事

サンダルを履いた時かっこ悪い?!かかとのひび割れを防ぐために乾燥を防ごう!

これからの季節、サンダルやクロックスなど、はだしではくクツが多くなります。か...

ハンドクリームは皮膚が乾燥している時に使っちゃだめ!?

   かかとの皮膚がガチガチになったり、皮膚がボロボロ剥けてきた、そこまでいか...


ガサガサ肌荒れがひどい状態のときの対処法

  ガサガサ肌荒れがひどい状態のときの対処法   肌荒れや乾燥肌が酷く...

乾燥した肌を保湿と保護してくれる成分のまとめ

  尿素、スクワラン、ヒアルロン酸など、保湿や保護を求め、商品を手にすると...

カラダノートひろば

ガサガサの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る