カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 対処法 >
  6. >
  7. 生理痛の鎮痛剤…長期的に使っても大丈夫なもの?

女性のカラダの悩み

生理痛の鎮痛剤…長期的に使っても大丈夫なもの?

月に一度もやってくる…生理痛の痛みは苦しいですよね。ひどい人は何もできなくなり寝込んでしまうほどです。

そんなときあなたならどうしますか?
ほとんどの方の場合、体を温めたり、鎮痛剤を飲んだりするでしょう。

 

鎮痛剤について

 

生理痛を和らげるのに飲むのは鎮痛剤です。ドラッグストアなどで市販薬を購入して使う人が多いでしょう。
この鎮痛剤は、頭痛や熱、痛みに関する疾患に対して効くお薬です。
即効性や持続性によって薬の種類に差があります。

人によっては、薬を飲めば効いて一日なんともなく過ごせる人もいれば、全く効かないという人もいます。
そんな時は病院で、自分の痛みに合ったものを処方してもらうのがベストです。

 

強い薬を飲む時は注意!


強い鎮痛剤を飲む時には注意が必要です。
通常市販薬では強い鎮痛剤はありませんが、病院で処方されたりもします。
鎮痛剤は胃を荒らしてしまうので、強い鎮痛剤が処方されるときは胃薬も処方されます。
必ず胃薬を忘れないようにしなければなりません。


漢方薬の頓服とは?


漢方薬は鎮痛剤としての効果を発揮しにくいですね。
「痛くなってきたから飲む」鎮痛剤ではなく、痛くならないように飲むという意味合いが強いと感じられます。
しかし、漢方の体質改善をする薬ではは、(ものにもよりますが)長期的に飲めば飲むほど力を発揮してくれます。痛いから痛みをとるのではなく、痛くならないようにするという地質改善の漢方もお勧めですね。

 

鎮痛剤は飲みたくないという方も多くいますが、痛いときは我慢せずに飲んだほうがいいでしょう。
ただし服用する際の注意をよく読み、またお医者さんの注意をよく聞いて鎮痛剤を使うようにしましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/05/23-362394.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

月経トラブルにおすすめ!漢方薬

生理痛やPMS(月経前症候群)、生理不順などで悩んでいる方におすすめなのが、...

温経湯や血府逐瘀湯など生理痛にオススメの漢方薬

    生理痛は瘀血がベースにあって起こると考えられています。   瘀血とは、...


非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と他の薬の相互作用

  様々な薬との相互作用があり、それに応じた副作用が生じます。   ・NSAI...

生理痛に関わる物質プロスタグランジンと生理痛対策 (1)薬編

生理痛には、プロスタグランジンという物質が大きくかかわっています。プロスタグ...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る