カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 糖尿病で怖いのは3大合併症!厄介なのが人工透析…

生活習慣病

糖尿病で怖いのは3大合併症!厄介なのが人工透析…

 

糖尿病を治療せずそのまま放置しておくと、どうなるか考えた事がありますか?

糖尿病は完治するのが、難しい病気ですが、食事療法・運動療法・薬物療法を適切に行う事で、日常生活を問題なく過ごす事もできますし、仕事も妊娠、出産もできます。しかし、そのまま治療せず置しておくと、合併症を引き起こし、治療もより困難なものになり、寿命も縮む事になってしまいます。

糖尿病で一番怖いのは、適切な治療をおこなわず、合併症を引き起こす事です。

 

糖尿病の合併症とは?

糖尿病の合併症の主なものは糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症です。この3つを三大合併症といます。

 

糖尿病性神経障害

 糖尿病の中でも、比較的に早い時期に発症し、手足のしびれ、痛み、胃腸障害など、全身にさまざまな症状を引き起こします。

 

糖尿病性網膜症

 糖尿病によっておこる網膜障害です。失明することもあります。年間3000人がこの合併症によって失明していると言われています。

 

糖尿病性腎症

 腎臓に重大な障害を起こす、命の危険にかかわる怖い病気です。人口透析と一番関係が深いのがこの病気です。

 

人口透析になる原因の1位がこの糖尿病性腎症です。

腎臓は尿を作るという働きがあります。血糖をコントロールせず、高血糖の状態が長く続くと、糖尿によって腎臓の機能が弱り、尿を作れなくなってしまう事があります。その場合、人口透析といって機械をつかって尿を作る必要がでてきます。また、週に2~3回病院に通院して透析を受けなければいけないため、日常生活に大きな負担がかかってきます。費用もかかりますし、食事療法もより厳しくなります。

 

人口透析にならない為には、どんな注意をすればよいのか?

早期には自覚症状がほとんどないので定期的に尿検査や腎機能検査をうけましょう。

糖尿病性腎症は、腎機能障害の程度によって、第1期から第5期までの5段階にわかれます。早期に病気の進行を発見し治療を行えば、進行を抑える事ができます。

定期的に通院を続けて、血糖のコントロールをしていく事が大切です

 

 

糖尿病というのは、自己管理がとても大切な病気です。自己管理さえしっかりしていれば、普通の人と変わらない生活ができます。

糖尿病はほとんど自覚症状がありません検診で糖尿病、糖尿病境界域と診断されたら放置せず、医師の指導のもと自身の生活習慣を見直し、しっかりと治療にとりくみましょう。

  

 

Photo by://www.ashinari.com/2013/09/30-382706.php?category=28

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

糖尿病性壊疽など、難治性皮膚潰瘍を再生!『多血小板血漿療法』とは?

糖尿病・外傷・褥瘡(床ずれ)などが原因で生じる皮膚潰瘍は、通常その治療法として...

安易に自分で治療してはダメ!糖尿病患者が注意するべき「足におこるトラブル」とは

   足からの血液は心臓に戻ってきにくく、だからこそ筋肉の少ない女性はむくみな...


糖尿病の合併症「腎不全」合併すると平均余命は5~10年!?平均寿命が短い理由

糖尿病に腎不全を合併したとき、その平均余命は5~10年と言われています。 ...

最も恐ろしい合併症!?日常生活を送るのが難しくなる糖尿病性足病変とは?

糖尿病にはさまざまな合併症があります。そして、合併症の種類によっては日常生活...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る