カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 症状 >
  5. その発汗、高血圧症の初期症状かも?

生活習慣病

その発汗、高血圧症の初期症状かも?

 

メタボリックシンドロームという言葉が効き馴染みのある言葉になり、生活習慣病に対して生活の中で意識するようになってきました。

いくつかの生活習慣病と同じように高血圧症の人も肥満の人が多くいますが、肥満のせいと思っている症状がもしかしたら高血圧症の初期症状かもしれません。

 

肥満の人の汗

肥満の人は汗を多くかきます。そもそも人は体を動かすエネルギーとして体内で熱を生産しており、普通ならばこの体内で生産した熱を体外に放出しながら体のバランスをとっています。

しかし肥満の人は皮下脂肪が通常より多くあるため、熱を体外に放出する作業を皮下脂肪が邪魔してしまいます。

そのため、熱が体外に逃げにくく、皮下脂肪にブロックされた熱は体内にこもってしまって体温が上がります。この放出されるはずの熱が体の中に残ったままでは、体のバランスがおかしくなってしまいますから、体温を下げるためにたくさん汗をかいて何とか体温を調節しようとする作用が働くのです。

 

初期症状との区別は?

元々肥満の人の場合、自分がかいている汗が高血圧症の初期症状としての発汗なのか、肥満による発汗なのか分かりづらいかもしれません。

高血圧症としての発汗は、ある時期から変に汗をかくようになったことや、気づいたら汗だくになっていたなどと言った特徴があり、それが以前は見られなかったというところが重要です。

元々肥満で汗をかく人でも汗のかき方が変わった、おかしくなったと言う点が判別のポイントになります。もちろん肥満でない人にも発汗症状が高血圧症の初期症状として見られることがあります。

  

自覚症状に乏しい高血圧症の中で初期症状が見られるのは幸運なことかもしれません。ただ必ず発汗症状が見られるわけではないので、日々の生活習慣と照らし合わせて考えてみましょう。 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

血圧は常に変動!隠れた高血圧が危険

最近は病院で測る血圧と家庭で測る血圧が違うということも分かってきました。診察室と...

高血圧による頭痛の症状、急な痛みには要注意!

  高血圧の症状はこれといったものが無く、頭痛やめまいなど風邪や疲れでもお...


初期症状「だるい」に気づく大切さ

  高血圧症は自覚症状に乏しい疾患として知られています。実際初期症状とされるも...

自覚症状がないから気づかない?怖い!高血圧には気をつけて!

      高血圧には自覚症状がないと言われており、何年も高血圧の状態を知...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る