カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 病院 >
  5. ダイエット外来、肥満外来など…メタボ解消のための診療科とは?

生活習慣病

ダイエット外来、肥満外来など…メタボ解消のための診療科とは?

メタボリックシンドローム、いわゆるメタボの人は、糖尿病の発症率がメタボではない人に比べて5~9倍、心筋梗塞・脳卒中は約3倍のリスクだといわれます。メタボの解消は、健康を維持するための喫緊の課題と言えましょう。

 

そこで脚光を浴びているのが、ダイエット外来、肥満外来、メタボ外来と呼ばれる診療科です。

 

診療の流れ

初回は、カウンセリングと検査を行うことが多いようです。生活習慣についての問診などから、メタボにいたった原因を探ります。検査は病院によって異なりますが、血液検査・肥満遺伝子検査・CTが主な内容です。

 

問診から生活上の問題、検査から遺伝や体質が分かるので、1人1人に合った効果的なダイエットプランを作成できます。

 

医療的なアプローチ

運動・食事療法にとどまらず、薬物療法を用いるケースもあります。食欲を抑える「サノレックス」、エネルギーの吸収を阻害する「ゼニカル」が、主に使われます。

 

注射で脂肪を溶解するメソセラピーもあります。

 

費用

肥満の度合い、付随する症状によって健康保険が適用されるか否かが決まります。BMI35以上の人は、「高度肥満」として、原則として保険診療が適用されます。

 

ほかには、「睡眠時無呼吸症候群」、「高脂血症・糖尿病・高血圧といった生活習慣病を発症している」「肥満が原因の関節痛など、何らかの健康障害がある」などで、健康保険による診療が受けられる場合があります。

 

これらに該当しない場合は自由診療となり、費用は2万~6万円が目安です。

 

費用や検査内容は病院によってまちまちです。初診予約の際に、問い合わせてみましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病院に関する記事

ダイエットは失敗してばっかり…外来や美容クリニックでダイエットを助けてくれるってホント?

  日本人の成人で男性では2人に1人、女性では5人に1人がメタボリックシンドロ...

心療内科でメタボ解消~心身ともにダイエット!

  肥満、メタボリックシンドロームの治療には、心療内科が望ましいケースもあ...


メタボになると健康な人の1.4倍医療費がかかる!メタボはお金の面でもリスクが高い

  メタボリックシンドロームはただ脂肪が多いということだけではなく、内臓脂肪が...

3~4口で満腹に!高度肥満者の減量術『腹腔鏡下スリーブ状胃切除術』とは

近年話題となっている『遺伝子検査』を行うと、代謝傾向や罹患しやすい病気などに...

カラダノートひろば

病院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る