カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 降圧剤を服用してだるい…その理由とは?

生活習慣病

降圧剤を服用してだるい…その理由とは?

高血圧の状態とは、心臓が血液を体の隅々まで押し出す力が強い状態を言います。強い力で押し出される血流に血管は耐えなければならず、やがて耐え切れなくなった血管が破れたり、動脈硬化をおこすなどしてしまいます。

 

降圧剤の副作用

高血圧症の治療ではよく降圧剤が用いられます。降圧剤を使用すると高くなっている血圧を簡単に下げることができます。

 

容易に効果を得ることのできる薬は副作用の重いものがありますが、高血圧症で用いられる降圧剤は副作用の少ない薬で、重大な副作用が起こることは極めて少ないです。

 

しかし薬ですから副作用かな?と疑いたくなるような症状が見られることがあります。

 

副作用とだるさ

降圧剤を服用すると「体がだるい」とか「元気がでない」といった症状が出ることがあります。これもひとつの薬の副作用と考えることができます。

 

だるさの理由1

降圧剤を服用し始めて1ヶ月くらいの間、体がだるいと感じることがあります。こうしただるさは多くの場合、副作用とは少し違います。

 

近年の降圧剤は血圧を下げる効果がすぐに体にあらわれ、早く血圧を下げることがあります。病気を治すという観点から言えば薬がはやく効くのは歓迎すべきことなのですが、それまでずっと血圧が高い状態で過ごしてきたため、外から血圧を強制的に下げられてしまうと、その変化に体がついていかないためにだるさを感じてしまうのです。

 

だるさの理由2

だるさが薬を服用した直後に見られることがあります。上記で近年の降圧剤はよく効くと書きました。

 

人の体質あるいはその人が合併している病気、障害を受けている臓器によっては薬がよく効きすぎてしまって、血圧が低くなりすぎてしまう、つまり低血圧になってしまう場合があります。

 

低血圧になると血の巡りが悪くなって全身への酸素や栄養の供給がうまくいかなくなります。そうすると体がうまく動かせなくなり、だるい感じがするのです。

 

しかし、他の薬との併用や患者の体質によっては、重大な副作用としてだるさが起こることもありますので、気になる場合は医師に相談しましょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

Ca拮抗薬や利尿薬…高血圧の薬物治療にみられる副作用とは

  血圧を下げる主要な作用以外にも副作用が表れることがあります。   ...

高血圧ガイドライン~主な降圧薬の使用方法~

   血圧が上昇しても、正常な血圧にもどらず、それができずに高い血圧を維持する方...


知っておくべき高血圧の薬物治療!高血圧に使われる薬の効果と副作用を知っていますか?

高血圧の治療薬には様々な種類があります 薬物療法の進め方 薬による治療は...

高血圧治療のガイドライン~血圧分類と脳血管リスク~

   血圧とは血管内(動脈)の血液の持つ圧力のことを言い、心臓の収縮期と拡張期...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る