カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

美容・ダイエット

ダイエット時の外食の心得

 a1180_001254.jpg

 

ダイエットをしている最中でも、どうしても人付き合いなど外食の必要性が出てくる場合もあるでしょう。
重要な席の場合にダイエットだからと断るわけにもいきません。ですが、外食の食事などダイエットの天敵となるメニューばかりです。
たしかに味は良いでしょうがその分カロリーも豊富な料理が出されます。
ダイエット中でも断れず外食を利用しなくてはならなくなった場合は、いくつかの注意点を守ればダイエット効果を損なう結果を回避することも可能です。

 

○ダイエット時の外食の心得

●レストランだろうともパンとデザートを食べない
例えコースやセットで付いてきたとしても決してパンもデザートも食べてはいけません。炭水化物と糖質こそ、外食で最もダイエットを阻害する栄養素です。


●ライスも決して頼まない
日本人ですので、例え洋食でもライスを頼みたい気持ちはわかりますが、米もやはり炭水化物ですのでダイエットには禁物です。


●付け合わせでもフライドポテトに手をつけない
脂質はそれほどダイエットに悪いというわけではありませんが、外食のフライドポテトなどの揚げ物は、よく使い回した油、いわゆる「悪い」油が使われている可能性があるので、手をつけてはいけません。
このような悪い油こそ肥満を悪化させる要因となります。

 

要するに、炭水化物の摂取量を注意すれば外食でも問題は無いのです。
特に最悪なのがラーメンライスなど麺とご飯の炭水化物セットなど絶対に避けなければなりません。
それさえ心得ていれば、例えダイエット中でも気後れすることなく外食を利用しても構わないのです。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/07/31-348668.php)


著者: momoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糖質・炭水化物に関する記事

ダイエットの効果が出やすいのは糖新生を活用する体質!糖新生と代替エネルギーについて知ろう

   効果的なダイエットを行うには、糖質を制限し糖新生を活用する体質にすることが...

○○ってホント?糖質制限で起こるウソ・ホントの症状を解明!

何年か前から巷で話題になっている「糖質制限ダイエット」。 「糖質オフ」飲料が売...


低糖質!ダイエット中のおかしは小麦粉よりも「おから」を使ったものを食べよう!

   暑い季節になってくると薄着になり、体型が気になり出すころです。「ダイエット...

体力筋力を落とさずに糖質制限

 体力や筋力を落とさずに糖質制限、ダイエットを行うことが可能です。身体のエネルギ...

カラダノートひろば

糖質・炭水化物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る