カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. >
  4. 目の痛みを伴う頭痛は片頭痛ではなく緑内障?その予防法と治療法

頭痛

目の痛みを伴う頭痛は片頭痛ではなく緑内障?その予防法と治療法

 

頭痛、吐き気、目の痛みといった症状を伴うのは片頭痛だけではなく、緑内障という病気でも見られます。

 

目が正常な機能を保つことができる適正な眼圧以上の眼圧のために、視神経に支障をきたし、視野が欠けたり、狭くなってくる病気が緑内障です。

 

一度視神経に障害がきたされると、視神経は再生することが無いため、緑内障は失明する恐れを伴う病気とされています。40歳以上の場合だと17人に1人がかかる身近な病気であり、現に日本の失明原因第一位の病気です。

 

近年では若年化・増加傾向にあるとされています。

 

緑内障では早期発見・早期治療が要となってきます。

そこで、こちらでは緑内障の予防と治療についてご紹介します。 

 

◆緑内障の予防

緑内障では何と言っても早期発見が大事になってきます。

 

緑内障ドックといった眼科での定期的な検査が一番効果的な予防法と言えます。また、緑内障では眼圧検査だけではなく、隅角検査、眼底検査、視野検査なども必要です。

 

さらに、緑内障はぶつかった際に眼圧が上がる場合や生まれつきでない場合には

 

・糖分の過剰摂取

・血液がドロドロ

・眼精疲労

・ストレス

・運動不足

 

などといった生活習慣と何らかの関係があるのではないかとされていますので、生活習慣の見直しも十分に緑内障予防に繋がると考えられます。

 

 

◆緑内障の治療法

「緑内障かもしれない」と緑内障を自覚した際には、まず眼科の受診をし、医師とよく相談した上で治療を行って下さい

 

また、一旦失われた視神経は回復することが出来ないので、緑内障の治療では病気の進行を食い止めたり、遅らせることが目的となります。

 

なので、できるだけ早く視神経の障害が少ないうちに早期発見・早期治療を始めることがとても重要となり、これが失明を避ける有効手段と言えます。

 

緑内障の治療では、多くの場合が薬物治療から開始しますが、その薬物治療では効果が得られなかった場合にはレーザー治療、さらにレーザー治療での効果がなかった場合には手術を行います。

 

 

緑内障では病気発見の手がかりは検査しかありません。

40歳を過ぎたら定期的に眼底検査等を受けるようにしましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/03/24-377466.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

目に関する記事

片頭痛のない目のチカチカは光視症!その症状と原因

目のチカチカでも、頭の片側や両側の痛みを伴うものは、閃輝暗点(せんきあんてん...

片頭痛と緑内障の関係

  目の病気の一つに緑内障があります。緑内障は視野がかけてしまうのが特徴で...


片頭痛だけじゃない!緊張型頭痛など目の周りが痛む頭痛

  頭痛で目の周りの痛みが引き起こされることはよくあります。しかし目の周りが痛...

片頭痛で目がみえない!?閃輝暗点(せんきあんてん)の予防法は?

ひどい片頭痛・・・つらいですよね。その前兆としられるのが、閃輝暗点(せんきあ...

カラダノートひろば

目の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る