カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 知識 >
  5. そのダイエット、大丈夫?拒食症に注意!痩せ願望を強化させる風潮が拒食症の入り口!

美容・ダイエット

そのダイエット、大丈夫?拒食症に注意!痩せ願望を強化させる風潮が拒食症の入り口!

若い人だけでなく、どの年代の女性でも、先進国では痩せている女性の方が美しいという風潮があります。日本では当たり前のようなこの感覚では、「太りたい」という人はあまりおらず、誰もが当たり前のように「痩せて美しくなりたい」という気持ちを持っていますし、思春期から20歳の女性はほとんどの人がダイエットをした経験があります。

 

強い痩せ願望と強い肥満恐怖

ダイエットをしても普通の人は、ある程度までの減量ができればそこで目標達成になりますし、ダイエットのし過ぎで体調を崩したり、ダイエットのストレスに耐えかねて断念したりします。これはごく自然なことで、ダイエットの域を超えて体に障害が出る前に自動的に体がセーブするのです。

しかし拒食症の場合はそれができません。拒食症の人は強い痩せ願望と肥満への恐怖を持っているのが特徴です。この痩せ願望は体重やバランスだけが問題になるのではなく、体の部分的な太さについてもひどく気にします。

 

痩せ願望を強化させる風潮

最初に述べたように、こうした願望を支持するように、先進国である程痩せている女性が美しく、太っている女性は自己管理ができていないという風潮があり、痩せていることに対して美しい・評価が高い・素晴らしいといったように考える傾向があります。

こうした風潮は拒食症の入り口でもあり、進行していくにしたがって拒食症を支持する要素にもなっていきます。これは単なる憧れとは違い、摂食と言う本能すらも凌駕する欲求になっていきます。

 

このように拒食症では痩せることへの願望が心理的要因として大きく働いているため、はっきりとした体への症状が伴う病気でありながらも、精神疾患の中でも最も精神科らしい病気と言われることもあるほど精神的な要素が大きい病気です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知識に関する記事

ダイエットには全身鏡を

 ダイエットに挑戦をする決意をしたのなら、まず用意するのは鏡です。それも全身が一...

1日1回『ながらダイエット』で痩せる! 早急な結果を期待しないで…

  ダイエットに関してよく聞く言葉で「明日から・・・」という方、多いのではない...


間食をやめる効果的な方法とは!?

  間食は上手に行えばダイエットの味方にもなりますし、絶対に太るというわけでは...

ダイエットに最適な低カロリー食品の落とし穴!低カロリーで低血圧症状が起こる…!?

今ダイエット中だという方は、食品のカロリーという言葉に敏感になっているかもしれ...

カラダノートひろば

知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る