カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 知識 >
  5. タンパク質は常に必要量をキープ

美容・ダイエット

タンパク質は常に必要量をキープ

a0002_010090.jpg

 

ダイエットだろうと糖質制限だろうと、タンパク質だけは常に必要量をキープしておくことが望ましいでしょう。
タンパク質は肉などにたくさん含まれていると思われがちですが、実はそれほどではないのが現実です。
糖質など炭水化物を取れば必要量をあっという間にオーバーするのに比べ、タンパク質を十分な量取ることは大変なことです。
またタンパク質の種類には体内で生産されない必須アミノ酸も含まれているので、できる限り品質の高いタンパク質を摂取する必要があります。
スポーツ選手などのようにプロテインでタンパク質を摂取するのが最も簡単です。

○摂取しなくてはいけないタンパク質

●一日に必要なタンパク質は、体重一キロにつき一グラム
つまりは体重六〇キロの成人が必要なタンパク質は六十グラムとなるのです。

●できる限り良質なタンパク質を含む高タンパク食材
食品に含まれるタンパク質は少なく、タンパク質と一口にいってもアミノ酸の組み合わせは数多くあります
その中から身体に必須のアミノ酸など身体に良質なタンパク質を持った食材を選ばなければいけません。

プロテインなら十分な質と量のタンパク質が補充できます。

タンパク質は脂質や炭水化物で三大栄養素と呼ばれ、残り二つと並んで肥満の原因と思われています。
たしかにタンパク質が身体の原料となりますが、タンパク質だけで太ることはまずありません
タンパク質と同じく含まれている炭水化物や脂質が太る原因となる事が多いでしょう。
タンパク質に限って言えば、ダイエットであろうとも常に十分すぎる量を摂取することが求められます。
タンパク質を重点的に摂取するならプロテインが一番合理的です。 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/11/24-373364.php)


著者: momoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知識に関する記事

仕事中もこっそり「ながらダイエット」で美的生活

ダイエットを始める!と意気込みはありながらも、時間がなかったり、そう思った時に...

ダイエット依存症!?「体と心の振り子作用」ダイエットを間違えると過食になる可能性が!

ダイエットをしていたはずの筆者はかつて過食嘔吐症にどっぷりつかっていました。未...


吐いてるのは食べ物だけじゃない!

    綺麗になりたい、そう思わない女性はいないと思いますが、その為に過剰な...

家事時間を味方にダイエット!一工夫で周りと差をつける!私の「ながらダイエット」法

  生活をする上で必要不可欠なもの「家事」。これをダイエットに有効活用できれば...

カラダノートひろば

知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る