カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. 立ち仕事が辛い…ちょっとの工夫でリウマチ負担を軽減!

関節痛・腰痛

立ち仕事が辛い…ちょっとの工夫でリウマチ負担を軽減!

 

リウマチは手がこわばって動かなくなったり、関節が腫れてしまって痛みやつらさを感じると言った症状が出ますが、目に見える症状ではない分、他の人につらさをわかってもらえないこともあります。また、リウマチは女性がなる病気と言われることもあるほど女性に多く発症する病気で、患者の約8割は女性です。

 

 

食事作りは女性が多い

家庭内で食事を作るのはほぼ女性だと思います。男性が食事を作ろうとしても、実際問題として仕事があって出来なかったり、食事の支度は女性の仕事という家庭もあると思います。しかし、リウマチを発症していると、食事の支度はかなりの重労働になることがありますよね。そのためどうしてもやらなければならない食事の支度で、できるだけ負担を軽減する方法を考えることが必要です。

 

立っているのがつらいなら

食事作りは常に立って行う作業ですから、それだけでも関節に負担をかけてしまいます。そのため台所に椅子を持っていき、できるだけ立ったままの姿勢にならないようにするとよいです。このとき立ったり座ったりをたくさん繰り返してしまうとまた関節に負担がかかってしまいますから、できるだけ座ったらある程度の時間は座ったままで作業ができるように周りのものを用意しておくとよいでしょう。

 

調理の手間を省く

料理の手間を省くことも負担軽減になります。例えばすでにカットされている野菜を使用したり、レトルト食品や冷凍食品を使用したり、できるだけ市販のものを料理に取り入れるようにすると楽になります。また、野菜の中でもカボチャやイモ類はそのままでは切ったり皮をむくのに苦労します。ですから切ったり皮をむいたりする前に、電子レンジでチンしたり、ゆでたりして柔らかくしてから調理すると楽になります。

 

調理器具も工夫

調理器具も重い鍋を使っていたらアルミニウム製の軽いものにしたり、鍋の持つ部分が片方しかないなら片方の関節への負担を軽減するために両手で持てる鍋にかえるなどできます。

 

 

他にも料理を盛り付けるときに、できるだけ一つのお皿におさまるようにしてたくさんお皿を出さないようにすることも負担軽減になります。生活の中で何が負担になっているか考えながら改善していきましょう。

 

 

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2012/06/10-363170.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

リウマチの症状を緩和しよう!まずはこれ!簡単おススメの3つの方法

リウマチの症状がひどくて足が痛い、手先が上手く動かないということもあります。リ...

関節の変形には日常生活の影響が…!関節リウマチで重要な「関節保護」はどうすればいいの?

  関節リウマチでは、関節の炎症と変性に伴う痺れや痛み、また運動制限や変形...


「抗リウマチ薬アザルフィジン」の皮膚への副作用

リウマチの治療薬アザルフィジンを服用すると、皮膚に副作用が出ることがあります。...

リウマチでたんぱく質摂取が重要なわけ

  リウマチは代謝異常によって発症することがある病気です。特にたんぱく質や鉄の...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る