カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. リウマチの貧血対策を考えた食事の注意点

関節痛・腰痛

リウマチの貧血対策を考えた食事の注意点

 

リウマチになると鉄欠乏性貧血になることが多くあります。多くある中のリウマチによる二次的な症状ですから、できれば自然な療法、食事療法でケアしていきたいものです。

 

 

リウマチと貧血

リウマチの影響で骨が破壊されてしまうことによって関節が腫れたり、肺や心臓、肝臓などが障害されてしまいます。こうした臓器は血液の生産に関係しており、血液を作る為の材料や、カルシウム、ビタミンなどが蓄えられています。しかし、リウマチによって貯蓄していたものが出せなくなったり、貯蓄できなくなると、鉄欠乏性貧血や、悪性貧血が引き起こされます。また、リウマチの影響は血液を作る器官である骨髄の中にまで及びますので、骨髄の中で正常に血液がつくられなくなってしまいます。また問題となるのはリウマチの治療薬で、リウマチの治療薬の中には、リウマチの症状改善委は効果的でも骨髄の働きを抑制してしまうものが含まれていることがありますし、鉄分と結合してしまう薬もあります。これによって貧血症状があらわれるので、リウマチ治療に平行して貧血対策が必要になります。

 

まずは鉄分が必要!

貧血対策としてまず上がるのが鉄分でしょう。鉄分は食品の中ではレバーを筆頭に、ヒジキや貝類、ほうれん草などの緑黄色野菜などに多く含まれます。ただ鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄にわけられ、体に吸収されやすいのはヘム鉄で、ヘム鉄に分類されるのはレバー、肉類、魚、卵黄などの動物性の食品です。ただ、リウマチにおける貧血対策で考えたら肉よりも魚で多く摂取した方がよいでしょう。また非ヘム鉄でもたんぱく質をともに摂取することで吸収率が高くなります。

 

あわせて摂りたいたんぱく質・ビタミンC

たんぱく質の中でも動物性たんぱく質は鉄の吸収を助ける働きをしてくれます。そしてビタミンCは鉄分を吸収しやすい形に変えてくれる作用をしますので重要です。

 

あわせてとりたくない緑茶・紅茶・コーヒー

これらの飲み物は鉄の吸収を悪くするタンニンが含まれます。そのため食事の前後にタンニンが含まれる飲み物は控えた方がよいでしょう。

 

 

リウマチ全体のことを考えなければいけませんので、貧血対策=レバーや肉というわけにも行けません。全体のことを考えて魚の比重を多くするなどしましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/03/03-034209.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

「抗リウマチ薬アザルフィジン」の皮膚への副作用

リウマチの治療薬アザルフィジンを服用すると、皮膚に副作用が出ることがあります。...

リウマチの人は運動禁止ってホント?いつ、どんな運動がおススメ?

リウマチになったら運動ができなくなる、なんて話を聞いたことがありませんか?  ...


リウマチ治療*食生活の中の制限…冷え・消化・甘味

  リウマチの場合、糖尿病や高脂血症の様に食事によって症状を大きく改善できるもの...

リウマチでたんぱく質摂取が重要なわけ

  リウマチは代謝異常によって発症することがある病気です。特にたんぱく質や鉄の...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る