カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. 冬はスープで栄養を摂る!リウマチの簡単レシピ

関節痛・腰痛

冬はスープで栄養を摂る!リウマチの簡単レシピ

 

リウマチは栄養バランスのとれた食事であることと、リウマチ症状寛解のために必要な成分をとること、悪化させる成分をとらないこと、そしてカロリーを抑えること、さらには食事をつくるときの関節への負担を考えて手間があまりかからないものであると嬉しいですね。

 

 

トマトと青シソのスープ

材料:

トマト半分/青シソ3/洋風だしの素適量/塩こしょう各少々/2.5カップ

作り方:

1.トマトは皮が気になるようであれば湯剥きして、角切りにする。

2.青シソは細かいせん切りにする。

3.洋風だしの素と水を煮立てて、トマトと青シソを入れて煮る。

4.塩こしょうで調味してできあがり。

 

トマトは力を入れずに切ることができますから、関節に負担がかかりません。また青シソの細かいせん切りが負担になるならばハサミで切ると楽です。また、カロリーも10kcal以下で肥満対策にも効果的です。

 

 

カボチャのポタージュ

材料:

かぼちゃ200/玉ねぎ100/オリーブ油大さじ0.5/2.5カップ/洋風だしの素適量/豆乳2カップ/塩こしょう各少々

作り方:

1.かぼちゃは7㎜くらいの厚さに切り、玉ねぎはみじん切りにする。

2.鍋にオリーブ油を入れて玉ねぎを焦がさないようによく炒める。

3.かぼちゃを加えてさっと炒める。

43に水、洋風だしの素を加え、フタをして柔らかくなるまで煮る。

54をミキサーにかけ、鍋にもどして豆乳を加える。

6.火にかけ、塩こしょうで調味する。

 

かぼちゃはかたくて包丁を入れるのに関節に負担がかかりますので、電子レンジにかけて柔らかくしてから切っても良いですし、はじめからペーストのものを使ってもよいです。最後にミキサーにかけてしまうので玉ねぎのみじん切りは丁寧にやる必要もありません。かぼちゃの場合カロリーは100kcal程度ですが、かぼちゃの代わりににんじんやカリフラワーなどでも、緑黄色野菜の栄養をしっかりとることができます。

 

 

リウマチは体を冷やさないことも大事ですから、特に冬は温かいものを食べることはとても大切です。

 

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/01/16-012767.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

リウマチの人は運動禁止ってホント?いつ、どんな運動がおススメ?

リウマチになったら運動ができなくなる、なんて話を聞いたことがありませんか?  ...

リウマチの症状を緩和しよう!まずはこれ!簡単おススメの3つの方法

リウマチの症状がひどくて足が痛い、手先が上手く動かないということもあります。リ...


リウマチ治療に欠かせない、3つのたんぱく質

リウマチの食事療法において、たんぱく質をきちんと摂取することは非常に重要です。...

玄米チャーハンでミネラル補給!リウマチ患者におすすめのレシピ

    リウマチでは全身的に体が疲れてしまうことに伴ってミネラルが消耗しがちです...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る