カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. リウマチでも食べたいデザートレシピ~フルーツスムージー

関節痛・腰痛

リウマチでも食べたいデザートレシピ~フルーツスムージー

 

リウマチは関節が痛くなることによって、体を動かすことに消極的になり、消極的になるからこそまた体重が増えてしまって関節に負担がかかる悪循環になることがあります。そのためリウマチに置いて肥満対策は重要な問題の一つになります。しかし、肥満対策といっても、甘いものが好きな人は食べたい気持ちがありますから、工夫して甘いものをとれるとよいです。

 

 

フルーツスムージー

材料:

いちご適量/ヨーグルト適量/バニラアイスクリーム適量

作り方:

1.いちごは洗ってヘタをとる。

(ヘタをとってから洗うとビタミンCが流れてしまうので注意)

2.深めのボウルや容器に材料を全て入れ、スティックミキサーなどで攪拌して出来上がり。

 

それぞれの分量は自分の好みに合わせて研究してみてください。いちごはビタミンCが豊富に含まれており、56粒で1日のビタミンCの摂取量に達すると言われています。ただしビタミンCは一気に摂取してもその分が全て体に吸収されるわけではないので、1日の中で数回に分けて摂取するようにするとよいでしょう。このビタミンCは骨粗鬆症対策に効果的ですので積極的にとりたいですね。また、イチゴの他にバナナやモモ、キウイ、マンゴーなどの他のフルーツで試してみるのもよいです。

 

またヨーグルトは腸内環境を整えると言う点でも非常に効果的です。リウマチにおいて食事療法は症状を軽減するのに非常に重要です。せっかく考えて作って摂取した食事でも効率よく吸収されなければ、効果は半減してしまうかもしれません。ヨーグルトは種類によってその人に会う株のヨーグルトかどうか異なりますので、様々なヨーグルトを使ってみて自分の体に合うヨーグルトを探してみても良いかもしれません。

 

 

スムージーならばほぼ入れて混ぜるだけですから、簡単に作ることができます。もしもっと甘さが欲しいと感じたときは、白砂糖ではなくはちみつなどを使用するとよいです。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/02/23-345561.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

リウマチでたんぱく質摂取が重要なわけ

  リウマチは代謝異常によって発症することがある病気です。特にたんぱく質や鉄の...

リウマチの貧血対策を考えた食事の注意点

  リウマチの貧血対策を考えた食事の注意点   リウマチ治療*食生活の中の...


「抗リウマチ薬アザルフィジン」の皮膚への副作用

リウマチの治療薬アザルフィジンを服用すると、皮膚に副作用が出ることがあります。...

リウマチ治療*食生活の中の制限…冷え・消化・甘味

  リウマチの場合、糖尿病や高脂血症の様に食事によって症状を大きく改善できるもの...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る