カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. リウマチ療法にぴったり!魚介を使ったレシピ

関節痛・腰痛

リウマチ療法にぴったり!魚介を使ったレシピ

 

リウマチではたんぱく質を多く取ることを薦められますが、肉などで摂取するよりもできるだけ魚で摂取することを推奨されます。そのため魚の料理のレシピを増やしておきたいですね。

 

 

中華風魚介たっぷり和え

材料:

海老12/あさり400/いか12

酒適量/ねぎ5/しょうが5かけ/にんにく1かけ

ごま油大さじ2&大さじ2/豆板醤小さじ4分の1/しょうゆ小さじ1/オイスターソース大さ1/アサツキ適量

作り方:

準備.あさりはよく砂抜きをしておく。

1.海老は殻と尾、背ワタをとりのぞく。

2.あさりはよく洗って水気を切る。

3.いかは皮をとり、2㎝位の輪切りにし、足もあれば5㎝幅に切っておく。

4.鍋に海老、あさり、いかを入れ、サケをざっと振りかけてふたをする。

5.火にかけてあさりの口が開き、全ての材料に火が通ったら火を止めて冷ます。

このときあさりの口が開くように鍋をゆすって、アサリに衝撃を与える。

火を入れすぎると固くなるので、加熱しすぎないように注意。

6.ドレッシングを作る。ねぎ、しょうが、にんにくはみじん切りにする。

7.小鍋にごま油大さじ2としょうが、にんにくを入れて火にかける。

8.香りが出てきたら豆板醤、しょうゆ、オイスターソースを加え、最後にねぎのみじん切りを加えて火を止める。

7.魚介とドレッシングを和えて味を馴染ませ、アサツキをちらす。

8.フライパンにごま油大さじ2を熱し、煙が出てくるくらい熱したら、7.の上にじゅっとかけて出来上がり。

 

魚介からだしが出るので、余計な塩分を使わなくてもしっかりおいしくできます。また、より作業を簡単にするにはしょうがやにんにくはチューブの簡易的なものを使ってもよいです。

 

材料について

海老は低脂肪で良質なたんぱく質ですので、ぜひ使って下さい。これに加えて造血に欠かせないビタミンB12を豊富に含む貝類を一緒にとれます。あさりの他にハマグリやホタテを使ってもよいですし、いかはするめいかややりいかなで手に入るものでよいです。最後に散らすアサツキは白髪ねぎでもよく、白髪ねぎにすると8.で熱したごま油をかけるさい焦げる風味がよりよいです。

 

 

魚介のだしに香味の味わいで、健康的においしいものが頂けるレシピです。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/11/01-029999.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

暮らしの工夫に関する記事

「リウマチ食事療法」は安くて栄養価の高い食材を上手に活用!

  リウマチの食事療法では、リウマチによって消耗してしまう栄養素を上手に補ってい...

玄米チャーハンでミネラル補給!リウマチ患者におすすめのレシピ

    リウマチでは全身的に体が疲れてしまうことに伴ってミネラルが消耗しがちです...


リウマチの腫れや痛みの対処に!お風呂でできる改善方法

関節リウマチの人は、冬になると腫れや痛みが増したりすることがあります。関節リウ...

完治が難しいリウマチ・・・でも寛解なら!魚の油でリウマチ(RA)の寛解率があがる!?

  リウマチは完治は難しいとされる病気です。 一方で寛解ならば可能です。 寛解...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る