カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. リウマチ治療でカロリー制限なんていらない?

関節痛・腰痛

リウマチ治療でカロリー制限なんていらない?

 

リウマチの食事療法では肥満対策としてのカロリー制限が行われます。しかし、患者さんや医師によってはあまりカロリー制限を薦めないケースもあるようです。

 

 

リンパ球が少ない

リウマチを治療している人の中に白血球の数が少ない人がよくいます。特にやせ形の女性では健康であっても白血球の数が少ないことがあります。このようにして白血球が少ない人は白血球の中でもリンパ球という種類が少ない人がほとんどで、リンパ球に次いで好中球も少なくこの2種類を足すと白血球の約9割にのぼりますので、白血球の大部分の数が減っているということになります。

 

リンパ球が少ないと

リンパ球は体の免疫機能に大きく関係しています。つまりリンパ球が少なくなるということは免疫機能が弱くなるということになり、感染症にかかりやすくなるということです。しかし問題はこれだけではありません。

 

ステロイド剤が意味をなさなくなる

リウマチは一般的に免疫機能が亢進した状態だから、免疫を抑制するステロイド剤を使用します。しかし上記のように免疫が抑制された状態で、さらに免疫を抑制する薬を使用しては治療の意味がないどころか、副作用だけが体に残ってしまう可能性があります。

 

この場合カロリー制限より精のつくものを食べる

こうした場合、まずはリンパ球を増やすことが大切です。そのためには栄養状態が良くなるように精のつくものを食べる、カロリー制限ばかりを考えてストレスを感じてしまうよりはある程度好きなものを食べるという方が重要なのです。

 

 

リウマチはそもそも診断が難しいと言われる病気ですので、リウマチだからと言ってひとくくりに考えないで、自分の体の中で起きていることを確認することが大切です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/08/22-006954.php?category=54])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

立ち仕事が辛い…ちょっとの工夫でリウマチ負担を軽減!

  リウマチは手がこわばって動かなくなったり、関節が腫れてしまって痛みやつらさを...

リウマチの人は運動禁止ってホント?いつ、どんな運動がおススメ?

リウマチになったら運動ができなくなる、なんて話を聞いたことがありませんか?  ...


リウマチの症状を緩和しよう!まずはこれ!簡単おススメの3つの方法

リウマチの症状がひどくて足が痛い、手先が上手く動かないということもあります。リ...

リウマチの栄養不足状態に!高栄養価の食材で対抗

    リウマチを形容する言葉に「穴の開いたバケツ」というものがあります。そのも...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る