カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 対処法 >
  6. 睡眠 >
  7. 生理と睡眠の深い関係~月経周期の正常化に欠かせない!?

女性のカラダの悩み

生理と睡眠の深い関係~月経周期の正常化に欠かせない!?

睡眠はとっても大事だということはご存知ですよね。実は生理中の睡眠も必要不可欠なものなのです。なぜ大事なのでしょうか?

 

月経周期と睡眠リズム

生理前や生理の間、寝つきが悪くなったりした経験がありますか?
経血のモレが気になったり、腰痛や腹痛、イライラで寝つきが悪くなり、「睡眠の質」が低下してしまいます。
生理前後には、女性ホルモンの分泌で睡眠が低下することもあります。


女性はこのように月経周期などにも影響を受けることが多いので、普段から質の高い睡眠をとらなければなりません。

・質の良い睡眠は気持ちの改善、イライラなどの解消になります。
・PMSや生理痛の症状の緩和
・疲労や倦怠感


良質な睡眠をとるためには?

寝つきを良くするためには、昼間の活動に重要なポイントがあります。
昼間の活動が高まると、夜の睡眠は深くなるものです。
早寝早起きや適度な運動などのメリハリのついた生活をするようにしましょう。

 

睡眠にはリズムがあります

睡眠時の脳のリズムはノンレム睡眠(脳の眠り)+レム睡眠(身体の眠り)が合わさったリズムとなっています。波は90分単位で変わっていくのです。
特に寝はじめの90分は深い眠りのため、ホルモンが分泌され、一日の疲れをとる効果があります。

この寝はじめの90分をいい環境にしておけば、ぐっすり眠れたというと満足感が得られますよ。

 

このように睡眠はリズムを考えてとるべきです。

上記のリズムを考えた睡眠をとるとよいので、ノンレム睡眠とレム睡眠を数セット繰り返すことが体に一番いいと言われています。


睡眠時間は90分の倍数をもとに計算してみましょう。
3時間・・・4.5時間・・・6時間・・・7.5時間・・・、このように睡眠時間を倍にした時間を目安にしましょう。


長く寝るときも、短く寝るときも睡眠リズムを整えると、次の日はスッキリするでしょう。生理中寝付けずイライラしている人は、一度お試しください。

 

「女性のカラダの悩み」で人気の記事はこちら

●生理中の腹痛を軽減するベストな寝方がある!?

 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠に関する記事

生理前は眠くなる?睡眠と生理のカンケイ

  睡眠は生理云々に限らずとも、人の健康にとって大切なものです。健康的に活動す...

生産性向上の秘訣は快眠!正しい睡眠時間はどのくらい?

  生理前や生理期間中は、普段の睡眠がくずれる人も多いと思います。これは生理期...


生理痛を楽にする効果も!今日から寝具にこだわってみよう!何に気をつければ良い?

「人生の1/3は睡眠」と言われるように、人は多くの時間を睡眠に費やします。した...

生理時の睡眠不足にはこれ!副交感神経を高めて快眠しよう!

生理時の睡眠不足辛いですよね。経血のモレが気になったり、腹痛や腰痛で寝付けなか...

カラダノートひろば

睡眠の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る