カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 治療 >
  5. 更年期障害の悪化を防ぐ!食事療法で効果を上げよう!

女性のカラダの悩み

更年期障害の悪化を防ぐ!食事療法で効果を上げよう!

更年期障害で悩んでいる人はとても多く、みなさん治療法を模索しています。ホルモン補充療法や薬物療法など様々な治療法がありますが、治療だけでは不十分だったりもします。ホルモン補充療法などの治療法、プラス食事療法をすることで、少しでも効果を上げられるよう、食事療法をご紹介します。

また、病院で治療をするほど症状が深刻でない方も、食事療法で更年期障害の悪化を防ぎましょう。

 

更年期障害の食事療法

更年期障害は、卵巣の機能低下による女性ホルモンの減少です。

主にエストロゲンが体を維持していた組織や細胞のバランスが崩れ、異常をきたすのです。

つまり女性ホルモンの分泌を改善させることが重要なこととなります。

 

女性ホルモンの強い見方!大豆

ご存知の方も多いでしょうが、大豆は女性ホルモンに欠かせません。

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと同様の働きをします。

そのため減少した女性ホルモンの補充を植物の力に頼るのです。

ホルモン補充療法ほどの効果は得られませんが、日々摂取することで少し改善されるでしょう。

日本人にとってはなじみ深いものなので、摂取しやすいですね。

 

骨粗しょう症を防ぐ食事

女性ホルモンの減少で、骨粗しょう症になりやすくなります。女性ホルモンは、骨にも大きく関わっているのです。

また、女性ホルモン以外にも加齢でカルシウム吸収率が悪くなりますので、カルシウム摂取をしっかり行いましょう。カルシウムの吸収に役立つビタミンDの摂取もお忘れなく。

せっかく摂ったカルシウムが吸収されないのはもったいないですからね。

 

血液をサラサラにする食べ物

エストロゲンは動脈硬化を抑制する作用がありますが、この女性ホルモンの減少で動脈硬化リスクが高まります。

しかも閉経をいてしまうと、エストロゲンの分泌は望めないため、食生活の改善をしなくてはなりません。

血液をサラサラに保つ食べ物の代表は、納豆に含まれるナットウキナーゼや青魚に多く含まれるDHA・EPAです。

 

脳に良い食べ物

血液をサラサラにする青魚のDHA・EPAは認知症予防にも効果的です。

女性に認知症が多いのは、女性ホルモンのエストロゲンの働きが弱くなるからです。

更年期のうつ病を予防するためにも、脳を正常に機能させる食事を心がけたいですね。

 

更年期にいい食事、それは和食です。上記の食品が多く使用される和食は、更年期障害の治療薬ともいえます。更年期の症状が辛いなと感じたら食事を見直してみませんか?

 

「女性のカラダの悩み」で人気の記事はこちら

●更年期には不正出血が多いって本当?なぜ?どう対処すればいい?

 

(Photo by://sozaing.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

自分でもできる更年期障害の治療 生活習慣を見直そう!

  更年期障害の原因と症状 更年期障害は主婦だけでなく、働く女性、そして働く男性...

つらい更年期障害に効果的!ホルモン療法ってどんなもの?

■女性だけではない更年期障害 更年期障害は女性がなりやすい、加齢による様々...


更年期ののぼせと冷えに鍼灸療法が効く理由

   更年期障害では様々な症状に苦しめられますが、中でも冷えとのぼせに悩ん...

納得できる治療を選びましょう

カウンセリングや各種検査によって、更年期障害であることが判明した場合には、コンデ...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る