カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 糖尿病の予防・治療に良い食事は玄米食?

生活習慣病

糖尿病の予防・治療に良い食事は玄米食?

 

糖尿病の予防・治療には食物繊維を多く摂取することが大切だということは多くの方がご存知かと思います。

しかし、その食物繊維の中でも、特に効果のあるものは穀類に含まれているだということはご存知でしょうか?

 

そこで、食物繊維を多く含む穀類の食材の代表格である玄米についてご紹介します。

 

◆玄米食の効果

食物繊維を多く含む穀類の中でも、私達の日常でよく食されているのは何と言っても玄米です。

 

玄米は籾殻(もみがら)を除去しただけで米ぬかは残っているため、米ぬかの中に豊富に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維も摂取することが出来ます。

 

1日に摂取する白米のうちの50gを玄米に代えるだけで、糖尿病の発症率は16%低下することが、10年以上に渡る調査の結果から判明しました。同調査では麦類を全粒粉に代えたりと、穀類の食物繊維を増加させることで、さらに発症率は39%も低下すると報告されました。

 

また、穀類の食物繊維を多く摂ることは便秘予防に効果的なだけではなく、腸内細菌のバランスを変えるという効果も得られます

 

腸内細菌は

 

(1)悪玉菌…ブドウ球菌など

(2)日和見菌…大腸菌など

(3)善玉菌…乳酸菌など

 

の3つに大きく分類でき、この内の善玉菌は食物繊維を取り込んで代謝することで、酢酸や酪酸(らくさん)などの短鎖脂肪酸と呼ばれる短い脂肪酸を排出します。

 

この短鎖脂肪酸のうち、便に混じって排泄されなかった一部は体内に吸収され、インスリン抵抗性を改善してくれ、糖尿病の予防に繋がる可能性が明らかになりました。

 

この腸内細菌による効果も、糖尿病の予防・治療で役に立つと考えられます。

 

 

玄米は白米よりも少し硬いため、ゆっくり噛むことで満腹感を得られることに繋がりますし、独特な食感と美味しさがあるので、是非ご賞味下さい。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/11-369748.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

糖尿病の食事療法で基本となるカロリー計算

  糖尿病と診断されてしまったら、まず最初に、日常の生活強度(エネルギー所...

手軽な宅配食!選択肢が多い中でどう選ぶ?

  高齢になるとそれだけ、体の機能はあちこち低下していきます。そのため糖尿病ひ...


腸管が破壊される?細菌が血中に流出?糖尿病で起こる腸内細菌の変化とは?

   病気と深く関わりがあると注目されているのが、大腸の中の細菌です。この腸内...

カロリー制限だけじゃだめ?糖尿病治療にはバランスが大事!肥満と適切カロリーについて

  肥満は糖尿病のリスクを上げます。そのため、特定健診などで肥満傾向がわか...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る