カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 訪問介護 >
  5. 費用 >
  6. 費用で比べる訪問介護と施設入所

介護・認知症

費用で比べる訪問介護と施設入所

 

施設に入所して介護を受けるのと、訪問介護を利用して在宅を受ける場合とでは、さまざまなちがいがあります。際立って違うのが、費用です。

施設入所と訪問介護を費用面から比較しました。

 

月額利用料が高い施設入所

単純に月額利用料を比較すると、施設に入所した方が断然高くなります。

もちろん、どの施設に入所するかで差はあります。有料老人ホームの中には、数千万円の入所一時金や月に数十万円の利用料が必要になるところもあります。認知症の高齢者が少人数で生活するグループホームでは十数万円が一般的です。

数万円から十数万円と比較的利用料が抑えられるのは特別養護老人ホームですが、入所待ちの高齢者が非常に多く、1つの施設で数十人から百人以上というケースも珍しくありません。

低所得の高齢者向けに、軽費老人ホームも運営されています。介護というよりも福祉的な意味合いが強い施設です。

介護が必要になったら退所しなくてはならない、外部の介護サービスが必要になることもあるので、後から発生する費用も念頭に置きましょう。

 

一方、訪問介護では居住に関する費用がかからないため、生活支援や身体介護のサービスに対する費用のみで済みます。

訪問介護のほかにデイサービスやデイケアを併用すると利用料はアップしますが、それでも施設入所より安い場合がほとんどです。

 

金額だけではない部分も要チェック

施設に入所すると利用料は高くなりますが、金額だけでははかれない部分もあります。同居する家族の負担が軽くなるのが一番のメリットです。

訪問介護では利用料は安くなっても、介護する人の負担は大きくなります。

介護者が心身を壊し、その治療費が必要になることもあります。何を重視するかで、利用料に対する考えも違ってくるでしょう。

 

 

訪問介護にはいろいろなタイプがあり、短期入所との組み合わせも可能です。経済的負担を抑えつつ、介護者が楽になるような介護計画をケアマネージャーと相談してください。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/12/24-374464.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用に関する記事

訪問看護で発生する特別加算料金って?~内容とその金額の具体例~

  訪問介護では、通常の医療ケアや在宅療養支援のほかに、特別加算料金が発生...

訪問介護利用料に使える「高額介護サービス費」の負担限度額は?

  高額介護サービス費の支給制度を知っていますか? 訪問介護の利用料も、...


知っていますか?訪問介護の利用料も医療費控除の対象です!

  訪問介護を利用する際、気になるのが、費用です。 介護保険を利用すると...

チリも積もれば…訪問介護で必要になる実費負担っていくらくらいになるの?

  訪問介護の利用料は自治体ごとに決められていて、そのうちの1割が自己負担...

カラダノートひろば

費用の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る